風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】リングにかけろ1 世界大会編 3話「フォルコメンハイト」

<<   作成日時 : 2011/05/16 19:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ナポレオン・バロア&ドイツJr.といよいよ対決!

前回でフランスJr.相手に四連勝した日本Jr.は大将戦で竜児がナポレオン・バロアと戦うことに。そういえば森川智之がこういう美形キャラをやってるのを個人的には久しぶりに見た気がします。
さて、原作通りナポレオンがカマイタチでリングのロープを全て切断するところもしっかり再現(笑)。それでも逃げようとしない竜児にナポレオン・バロア必殺の「デビルプロポーズ」が炸裂!
いやー、予告ですでに見てはいるもののこの必殺パンチの演出はかっこいい!
グラブにバラの花びらみたいなのが突然生えてきてそこから一気に打ち込む図は実に派手でいいですねー。もはや超能力合戦のようなボクシングの気もしますが。
…もともとそうか(笑)。
やや手加減されたデビルプロポーズで場外まで吹っ飛ばされた竜ですがなんとか戻ってきて反撃、今度はブーメランスクエアー!
しかしナポレオンは直前でスリップしてまともには食らわない。やはりこのあたりからは敵も実力者ぞろいなので簡単には勝たせてもらえませんよねー。
そして最後の勝負、デビルプロポーズとブーメランスクエアーの激突!
必殺パンチのぶつかり合いで勝ったのは竜のスクエアー!
うーん、Aパートだけとはいえ非常にいい勝負でした。

そしてBパートからはドイツJr.戦!
…なんですが試合前のエピソードがいろいろとカットされてたのが非常に残念(笑)。ヘルガが日本Jr.の宿舎に訪れてドイツの傘下に入るよう要求したり、会場がJr.ナチス親衛隊(笑)で埋め尽くされて完全アウェーでの戦いを強いられるところとか。
やはり全6話では厳しいですねー。そのせいか事前にほとんど盛り上がらず試合開始になってしまいましたが。
さて、懸念されていたゲッペルス、ヒムラー、ゲーリングの三人はしっかりそのままの名前で登場。外国人が見たらどんな反応を示すのか(笑)。
原作でも非常に面白かったヘルガ考案の必殺ブロー破りですが、尺の都合でなんだか淡々とこなされてしまいましたねー。特にゲーリングのジェットアッパー破りはゴングの前にボールレースをわざわざ用意しての演出とか最高にわくわくする話だったんですが。
そしてドイツの覆面三人衆は全員Bパートだけで始末されてしまいドイツJr.の敗退も決定!
とはいえやはりなんといっても僕が見たかったのはこの次の「スコルピオン対剣崎」ですからねー。ついにギャラクティカ・マグナムが登場だ!

次は第4話、「英雄VS天才」で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】リングにかけろ1 世界大会編 3話「フォルコメンハイト」 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる