風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 全11話

<<   作成日時 : 2011/10/08 12:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10/4〜10/7深夜に4日連続での集中放送の感想です。

「話題になってたのに見てなかった」という作品はいろいろありますが、この「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」もそのひとつでした。
こういうふうに再放送してくれるのはありがたいですねー。いいタイミングだったので録画してから帰宅後に視聴し始めましたが…。

面白かった!

「さすがに4日で11話も見ると疲れるだろうから2,3週間くらいかけてのんびり見るか」と思ってたんですが、見始めたら止まらない(笑)。結局放映分はその日のうちに全部見てしまったのであっというまに見終わりましたよ。
というか一気見するのに向いてる作品かもしれませんねー。毎週見てたらもっと細かいところとかいろいろ気にしながら見ることになるのかもしれませんが。

さて物語のほうですが、けっこう邦画とかでよく見るタイプの青春映画に近いというかそのものといった感じのストーリーとか風景ですが、それをアニメでやるというのもなかなか珍しいですよね。こういうのがやれるのがこの「ノイタミナ」枠の強みなのかも。
小学生時代の仲間、「じんたん」「めんま」「あなる」「ゆきあつ」「つるこ」「ぽっぽ」の六人組が死んだはずの「めんま」が幽霊になって現れたことで再び集まるという、それぞれに悩みやトラウマを抱える高校生たちの物語。

つい最近放送されてたこともあって、そこそこに情報は目にしてたりしていたわけですけどね。ゆきあつの女装とか(笑)。
とはいえ視聴して初めていろいろと知ることもあるわけで。めんまの髪がああいう色なのはお母さんが外国人だからなのかとか。
あとつるこはもっとおとなしいキャラかと思ったら意外ときついというかズバズバ物を言う性格で驚きました。あ、でも3人のヒロインの中で誰が一番好みかといわれたらつるこかも(笑)。

あといろいろと小道具に現実の地名や商品名が使われてるのも良かったですね。「ガリガリ君」とか「バイエルン」とか。舞台は埼玉みたいですし。こういうのもウソというかフィクションなのにそれを感じさせないでくれていいなあ。

まあただ一気に視聴したせいで、「なんで主人公は引きこもってたの?」という肝心なことがよくわからないままでしたが(笑)。というかめんまが現れた理由もそういえばわからないなあ。もうちょいしっかり見直したほうがいいか(笑)。

あとやはり女性が脚本描いてることもあって女性キャラの心理描写とか学園生活とかが実にうまいですよね。そのぶんあなるのラブホ事件の後で女友達2人からえぐいいじめとかされだすんじゃないかとちょっと心配しましたが(笑)。まあ最終回見る限り根はいい友達だったみたいでひと安心。

最終回での別れの場面はもちろん良かったんですが、むしろその話に行くまでに進んでいく淡々としながらも細かい生活描写とかが楽しかったですね。自分の学生時代を思い出す社会人の視聴者が多かっただろうなあ。
たぶん実写でもこれは普通にやれそうなストーリーですね。2時間映画でうまくまとめられそうな感じで。

…というわけで非常に楽しめたアニメでしたが、個人的にはOPがすごく好きですねー。懐かしさを感じさせてくれる歌声でした(笑)。
来年の夏に何かイベントがあるということはまたなんらかのメディア展開とかあるのかな?
とりあえずそうですねー、僕的にはゆきあつとつるこだけはうまくいっていただきたい(笑)。

昔をちょっと思い出す、いい作品でした。



あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 ピローケース 集合
ブロッコリー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 ピローケース 集合 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 全11話 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる