風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】ギルティクラウン 6話「檻:leukocytes」

<<   作成日時 : 2011/11/18 05:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

「見えない檻」ルーカサイト攻略に葬儀社が挑む!

画像
前回登場した対地攻撃衛星の名前「ルーカサイト(leukocytes)」ですが、日本語に訳すと「白血球」なんですね。文字通り感染者を駆除してしまう存在といったところでしょうか。
そういえばGHQの「アンチボディズ」も「ブレンパワードで聞いたことあるなあ」と思ってましたが、訳すと「抗体」でしたね。
つまりはアポカリプスウィルスに感染した者たちを排除する存在としてのネーミングということでしょう。

さて第6話ですが、いやーすごかった!
こんな早い段階でこんなに盛り上げていいのか(笑)。ちょっと興奮冷めやらない感じですが。
前回のルーカサイトの攻撃でOAUとリーブネイションズの増援部隊は全滅。ちなみに公式サイトのあらすじからOAUは「アフリカ連合」と判明しました。現実と同じということですね。
そんな中、ひとり生き残った涯。致命傷を負ったキョウを楽にしてやった後、なおも戦いを続行することを決意。
月ヶ瀬ダムの最深部にあるルーカサイトのコントロールコア破壊ミッションの作戦会議を開く。
コントロールコアは物理攻撃を受けると自閉モードに入ってしまうため、コアに直接触れることなく停止させなければならない。そこで城戸の「重力制御」ヴォイドを集が使うという作戦ですが…。

ここで「空気の読めない」集の本領発揮(笑)!
葬儀社の損害予測35%、つまり3人に1人が死ぬという涯の作戦を批判、キョウも死なせた涯についていくのはおかしいと全員の前で発言しますが。
いや、なんというか1話のころのおびえた小動物のような印象とは全然違いますねー。歯に衣着せぬ物言いするあたり、なんかすさまじく立派になったようで感慨深い。
しかし結局受け入れられずにその場を立ち去った後、追いかけてきたいのりに元の他人行儀な態度でひねくれた発言するあたりは何も変わってないか(笑)。

一方でGHQはダリル復活!
シュタイナーを奪われた怒りでやばさにいっそう磨きがかかっているような(笑)。そして葬儀社の作戦開始時刻を読み、集がどんな行動を取るのか待ちわびる嘘界の姿も。こちらもいろいろやばい(笑)。

そして自室にいた涯は扉の表示を見ていのりが入ってきたと思ったのか、初めて弱音を吐き出し始める。リーダーとしての重責、苦悩、罪悪感…。
涯のこういう姿は初めて描かれたのでいろいろと感じ入るものがありましたが、なにより「こんな俺でいいのか?」というセリフが一番驚きましたね。1話での集とまったく同じことを口にしたとは。
しかし実際にそれを聞いていたのはいのりの代わりに部屋に入っていた集。ここにきてようやく裸の涯の姿を見ることができたということですね。そして弱音を吐く涯とまさかの殴り合いをした後、「みんなの気持に応えたい」という涯を手伝うことを集は決意。
いいなあ、いい場面だ。

そしてBパートからはいよいよコントロールコア破壊ミッション開始!
復讐に燃えるダリルがゴーチェで襲い掛かりますが、綾瀬のシュタイナーがそれを食い止める!
機体性能差を考えると互角以上に戦うダリルのほうが技量は上かな?
ダム内部には集・涯・いのり・城戸の4人が潜入。追手を食い止める二挺拳銃のいのりがかっこいい!
そして城戸の「重力制御」ヴォイドでコアを停止させようとしますが、そこに機体をチェンジしたダリルが乱入!
エンドレイヴが直接乗り込むのではなく遠隔操作なのでこういう戦法も可能なんですねー、面白い。
涯の超絶アクションでダリルのゴーチェを停止させたものの、流れ弾がコアに!

コアの破損で姿勢制御できなくなったルーカサイトワン、東京に落下を開始!
絶体絶命の窮地の中、その場に現れた嘘界と涯は取引を。集のペンがルーカサイトへのシグナルを送ることを利用して落下を防ぐ代わりに、集のこれまでのデータを抹消しろと。
やはり涯はペンに気づいていた、と言いたいところですがペンは綾瀬がすぐに拾ったはず。なぜ知っている。見ただけでわかったのかそれとも…。
ループ物なら涯の正体は集の未来の姿、なんて可能性もありますがさてどうでしょうか。まあこういう予測も外れることを承知でしてみるのも楽しいですよね(笑)。

そして涯は自分を囮に落下するルーカサイトワンをもうひとつのルーカサイトで撃墜しようとする!
「また見ているだけか」と自答する集の背後でいのりが変化を!
これまでとまったく違う雰囲気で集に問いかけるその姿は1話のフラッシュバックに登場したあの少女。謎が深まってきた!
いのりの身体から出てきたソードタイプのヴォイドと城戸のヴォイドがなんと融合、巨大な銃に!

(僕だけの願いじゃない! 僕だけの力じゃない!)

二つのルーカサイトが一直線に並んだ瞬間に集のヴォイドが火を噴く!
見事に両者を撃墜成功!
すげええええええ!

いやー最高に燃える展開でしたよー。てか今週の集はやたらとかっこよかったなあ。涯との友情というか絆が生まれたようでこちらも熱い。
ラストは新キャラ「ユウ」も登場してますます目が離せない「ギルティクラウン」!
一週間が長いぜ(笑)。

次は7話「輪舞:temptation」で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ギルティクラウン 第6話 「檻:leukocytes」 感想
「ギルティクラウン」 ...続きを見る
アニメとゲームと情報局!
2011/11/19 19:37
◎ギルティクラウン第6話「檻:leukocytes」
ルーカサイト破壊作戦実行。キドのボイドで、無重力にしてコアをハックするが邪魔されて、ルーカサイトがコントロール不能になって落ちてくる。ガイが、あのペンを使うとルーカサイ... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/04/09 16:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】ギルティクラウン 6話「檻:leukocytes」 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる