風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】Fate/Zero 11話「聖杯問答」

<<   作成日時 : 2011/12/11 01:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「王」とは何か、ライダーがセイバーに問う!

さてこの11話、以前からけっこうインタビューとかでも触れられていたこともあってどんな話なのか期待していました。
実際に今回はOPなしで本編に突入するなど非常に重要な回というのがのっけからわかりますね。

切嗣不在のアインツベルンの城に乗り込んできたライダー(とウェイバー)!
いきなりセイバーと酒を酌み交わして語らおうなどと何の伏線もなしで唐突すぎますが、こういう思いつきやひらめきで即断する辺りも「王」というかイスカンダルですねー(笑)。
そして夜の庭園にはもう1人の「王」アーチャーことギルガメッシュも参戦!
アーサー王・イスカンダル・ギルガメッシュという夢の競演の実現もこの作品ならではですねー。
ていうかライダーに誘われて本当に現れるあたりギルガメッシュも意外とノリがいいのか(笑)。

さてまずはなぜ聖杯を手に入れようとするのかというライダーの問いに「あれは自分のものだから取り戻すのが当然」という相変わらず俺様ルール全開のギルガメッシュですが、ここまではっきりしてるとむしろすがすがしい(笑)。
そしてまたライダーの聖杯に求める願いも明らかに。受肉して一個の命を得ることが望みと照れながら言うあたりがなんとも(笑)。

そんなイスカンダルを「王のあり方ではない」と否定するセイバー。
では何を願うのかと問い返されてブリテンの救済、すなわち歴史の変更を求めると。
過去を否定しそれを覆そうとするセイバーの考えは他の2人に嘲笑されたあげく徹底的にやりこめられますが、まあこれはあくまで覚悟というか迷いがあるか否かという差かな。どちらが正しいかというのはまあ考え方の違いですまされそうな部分でもありますが、ライダー役の大塚明夫の芝居の凄みのせいで完全に同意してしまいそうになる(笑)。

そんな中、現れたのはアサシンの集団!
まだ彼らがなんの英雄なのかわかりませんが、問答無用で攻撃してくるアサシンに対し、ライダーは自らの固有結界を発動!
なんというかまったく手の内を隠さない男だ(笑)。アサシンは全滅させられましたが、まあまだ他にもいるんでしょうねー。ていうかなぜここで攻撃を仕掛けたのかとかは謎ですがそのうちわかるのかな?

こうしてライダーからは王ではなくただの小娘と見なされ、ギルガメッシュからは興味をもたれたセイバー。
ライダーとはいずれ決着をつけることになるのかな?

分割1クール目も残り2話。どんなラストになるか楽しみです。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】Fate/Zero 11話「聖杯問答」 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる