風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】Fate/Zero 12話「聖杯の招き」

<<   作成日時 : 2011/12/18 00:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「愉悦」の正体は…。

さて前回すさまじい力を見せたライダーの固有結界ですが、なんでもギルガメッシュの「ゲート・オブ・バビロン」に匹敵するほどの力があるとか。さすがにそこまでとは思いませんでしたねー。
とはいえこれでひと通り全ての陣営の情報を集めた遠坂時臣もいよいよ動き出すよう。しかし事前に下準備をするあたりはのちの綺礼に受け継がれている気もするなあ。

切嗣もまた全ての陣営を調査しつつ作戦を練っている様子。果たしてどう動くのか。
そしてアイリスフィールとセイバーにあてがった新たな拠点は…、後の士郎の屋敷ですかねやはりこれは。
体調が悪化しているアイリスフィールですが、それを気づかうセイバーはライダーとの前回の問答をそれほど尾を引いてないように見えて何より。

そして、またも会談する綺礼とギルガメッシュ。
6話の感想でも書きましたが、やたら「愉悦」という言葉を連呼していたので重要なキーワードなんだろうかというのは間違いではなかったようですね。
徐々に綺礼の本質を暴いていくギルガメッシュもそうですが、綺礼の中に眠るその感情が呼び覚まされていってますねー。ここらへんはじわじわくる面白さだ。
しかしアサシンはどうやらライダーによって全滅させられたようですが、結局何の英霊だったんだろうか。
とはいえ綺礼は新たに令呪を宿し、またもやマスターの資格を得ることに!
不敵に「マスターを殺してサーヴァントを奪う」ことを誘いかけるギルガメッシュ、その真意はやはり…(笑)。

いよいよ次回で1クール目ラスト!
どういう終わり方か楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】Fate/Zero 12話「聖杯の招き」 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる