風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】境界線上のホライゾン 全13話

<<   作成日時 : 2011/12/31 10:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

境界線上のホライゾン、第1期の感想です。

さてこのアニメ、放映前はそこまで話題にはなってなかったような気もするんですが、さらっと概要とかを読んでなんとなく面白そうだという直感で見てみようかと思った作品でしたが。
とりあえず予備知識をキャラくらいは知っておこうかとwikipediaをのぞいてみたら…、さっぱりわからない(笑)。あまりの情報量の多さに驚きましたが逆にがぜん興味も高まって行ったという。

というわけで本編も始まってみると1話からとんでもない人数のキャラが登場してきて名前もろくに覚えられないという(笑)。とはいえそれぞれがビジュアル的にもキャラ的にも思い切り立っているのでそれがさして気にならないんですよねー。
しかし主人公の葵・トーリが1話のラストまでまったく登場しないというのも驚きましたが。

まあなにより毎回すさまじいパワーを感じさせてくれて、ほんとにアニメ的な面白さがありましたねー。いろいろと難しいことを言ってるんだけど、そんなに肩肘張らずに見ていても楽しめるという。
個人的にはトーリの姉ちゃんの葵・喜美が一番好みです(笑)。「高嶺の花」の回は最高だったなあ。
そしてもちろんトーリの強烈なパワーのおかげで見ててわくわくできましたねー。他のキャラクターたちもみんなにいろいろ見せ場があってまた違うキャラクターを追って最初から見直すのも楽しそうと思わせてくれますし。

まあ最終回まで見終えてなお世界観とかは半分も把握できてないんじゃないかという気もするんですが、そんな細かいことはどうでもいいと思わせてくれるような楽しいアニメですよね(笑)。
あと本編からびんびん感じたのは各キャラクターすべてに関する「愛」かなあ。なんというか作者が敵味方関係なくどのキャラにも愛を持って描いてるってのが伝わってきて好感持てますねー。ほんとにいい作品をアニメにしたものだ。

2012年夏には2期放映も決定しているようですが、できれば長く続いて欲しい作品ですね。
小説もボリュームあるみたいですけど予習もかねて買ってみるのもいいかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】境界線上のホライゾン 全13話 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる