風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】ギルティクラウン 22話「祈り:convergence」

<<   作成日時 : 2012/03/23 06:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
ついに迎えた最終回。桜満集の物語、ここに完結!

今回のサブタイトル「convergence」は「集中」とか「収束」という意味があるようですね。
さて、思えばこの物語、「友達を武器にする」というのがテーマのひとつでしたが、実際に1クール目は谷尋との、2クール目は颯太との友情に大きなウェイトが置かれていたんじゃないかと思います。
そして当然ながら全体を通しては涯との友情がメインテーマになってたな、というのが個人的な印象ですね。

いのりの肉体を奪い「イヴ」真名復活!
同時に全世界を謎の光が覆っていく。
綾瀬の新型シュタイナー対ダリルのゲシュペンスト、そしてシステム制圧を賭けたツグミと城戸の電脳戦も開始!
いよいよ最終決戦ですねー、テンションが上がる!

復活した真名は集に駆け寄るものの拒絶される。集にとって大事なのはいのりというのは最後まで変わらなかったですねほんとに。
しかしその結果、真名を怒らせ全世界の崩壊も始まる。ロストクリスマスをはるかに越えるゲノム共鳴が24区から発信され、人々は次々とキャンサー化していく。
人間の肉体を捨て心が物質となる新たなステージへと人類を誘う真名の歌。

そして真名の剣を抜いた涯と集との間で最後の戦いが始まった。
一方でゲノム共鳴の影響で遠隔操作を断たれた綾瀬はシュタイナーと有線接続を図ろうとする。エンドレイヴはこういう操作も可能だったんですねー。しかしツグミは城戸と戦っている最中のため綾瀬のバックアップが出来ず危機に!
兄の茎道と対峙する春夏、自らのヴォイドで涯のために盾となり続ける亞里沙。
いろいろな想いが駆け巡る戦場。

涯との戦いで追い詰められた集。
あきらめかけた集の目に、いのりの涙から生まれた一輪の花が。
それはいのりの心のかけらか。そして集にヴォイドを託し、いのりの歌「Departures」が真名の歌を打ち消していく。

四分儀が城戸を射殺したことで自由を取り戻したツグミのバックアップで綾瀬はシュタイナーと有線接続完了、ダリルのゲシュペンストを撃破!
「皆殺しのダリル」であり続けようとするダリルをツグミは「あんたはただのもやし子よ!」という声で打ち消す!

戦う力と意志を取り戻した集。
いのりの魂と共に涯をついに討ち果たす!
そして語られる涯の真意。涯は魔王となり、そして集が自分を阻止しにやってきてくれる可能性に賭けていたのだった…。
最後の最後、真名を抱く涯の想いはようやく真名に届いたのかもしれませんねー。
そして涯は真名と共に今度こそ消えていき、王の力は集に託された。

肉体を取り戻したいのりを抱き、集は全世界のアポカリプスウィルスを自らの肉体に吸収し始める。
異変に気づく颯太たち。消えていくヴォイド。
ローワンは自ら盾になってダリルを逃がしてやる。ここは小説を読んだ後だと余計にぐっときますね。

「みんなの心が流れ込んでくる…。思い出も…。僕に悪意を向けた人だって、誰かに愛されて生まれたんだ…」

崩壊していく24区の中で、結晶となり最後を迎えようとする集。
しかし、いのりがその全てを自らに引き受け、集を救って消えていった…。

数年後。
平穏を取り戻した日本。
それぞれの生活をしていた颯太たちはとある人物の誕生パーティーのために集まってきた。
就職しておそらくまっとうに働いている谷尋、教員試験目前の綾瀬、ツグミ、花音…。
バースデイケーキに書かれてる文字は最初わからなかったんですが、録画を見直すと「Hare」の文字が。祭の誕生日だったんですねこの日は。15話以降、回想とかにもほとんど出てこなかった祭の存在ですが、最後の最後にこういう形とはいえ思い出されていたのは嬉しいなあ。
みんな毎年、祭の誕生日に集まることにしてたんですね。

その場に最後に現れたのは集。
義手と杖が痛々しいですが、それでもいのりのおかげで生き残っていたんですね。
口ぶりからすると綾瀬は集とよく会ってるのかな。
乾杯する一同。

そして。
ひとり屋外のベンチに座りスカイツリーの見える街を見つめる集は、いのりの歌声の流れるイヤホンを穏やかな表情で聴いていた…。


ついに完結したギルティクラウン。
きれいなラストでしたねー。なんとなくあまりいろいろ考えずしばらくは余韻に浸っていたい気分です。
試写会から半年間付き合ってきましたが、本当に楽しませてくれました。
まだまだ小説やゲーム、BDなどメディア展開は続きますが、まずはアニメ本編の終了ということで制作に関わった人たちはほんとうにお疲れ様でした。
公式サイトも最終回の後で特設ページもできてましたねー。
とりあえず個人的には4/15のイベントを楽しみにしています。

いつの日か、また何らかの形で新たなギルティクラウンに出会えたらいいですねー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ギルティクラウン phase22 「祈り:convergence」
ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/02/22)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る ...続きを見る
北十字星
2012/03/24 14:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】ギルティクラウン 22話「祈り:convergence」 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる