風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】機動戦士ガンダムAGE 29〜49話

<<   作成日時 : 2012/09/24 06:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ついに完結、ガンダムAGE!

キオ編、そして三世代編を経てついに最終回となったガンダムAGE。
一年にわたるドラマが繰り広げられましたが、序盤こそけっこうストレスのたまる展開でしたがアセム編・そしてキオ編と戦闘も派手になりどんどん楽しめるようになっていました。

しかし思えば本編の途中で主人公が世代交代するというのも初めてですが、「家族」がテーマというガンダム作品もなかなかなかった気がします。
たいていは両親がすでにいないとか、いたとしても途中で死んでしまう境遇の主人公ばかりでしたからね。
天涯孤独となっていたフリットはともかく、キオなんて祖父・祖母・父・母・叔母と一族が生存している状態でしたから。
そして結局三人の主人公全員が最後までストーリーの中心だったというのも。
というわけでそれぞれの主人公たちに対する感想を書いてみたいと思います。

○フリット・アスノ

正直言って、少年時代や中年時代は良くも悪くも「普通」という印象でしたが、老人になってから化けたなあという気がします。
なんというかすさまじく「濃い」キャラクターになったと言いますか(笑)。
いわゆる頑固爺的な性格でどこか憎めない感じになったんですよねー。主人公が子を持ちさらに孫を持つ、なんて展開はアニメではなかなか見られないのでちょっと新鮮でした。
敵に対しては過剰なほどの憎しみを持ってますが、それも自分の大事な人たちへの愛情からくるものだと考えると納得できるというか。
老いても健在の腕前はたいしたものでしたし。あとAGE-1もどんどん改修されてフルアーマー化していったのでかっこよくなりましたねー。
最終回ではついにヴェイガン殲滅を実行に移しかけますが、キオとアセムの懸命の説得と死んだユリンやグルーデックたちの言葉で踏みとどまり本当の救世主に。
「救世主になる」という少年時代の決意を最後に現実のものに出来ましたね。
ただ何より、アセムやキオという愛する家族の信頼と尊敬を勝ち取って死んだという意味ではむしろ人生の勝利者と言えるかも。

○アセム・アスノ

アセムというキャラクターを語る上で最も重要なのは「スーパーパイロット」という概念だったと思います。
まあぶっちゃけた話、「はったり」とか「自己暗示」とかいったもので実体はないんですよね、この言葉。
ただ、ガンダムという作品は基本的に何らかの特殊能力を「持つ者」に「持たざる者」は決してかなわないという厳しい現実を突きつけてきたわけですが、それを覆すような力を示すことの出来たアセムというキャラクターは今後のガンダム作品自体に影響を与えるかもしれませんね。
アセム自体は一番正統派の主人公という印象で、友人でライバルのゼハートとの関係は最後まで見所のひとつでした。
個人的にはゼハートとの友情がヴェイガンとの和解につながるような展開も見てみたかった気がしますが。スパロボとかでもいいから共に戦う姿が見たいなあ。
主人公の中では一番好きなキャラクターでしたね。アセム編のまま続いても良かったと思うくらい(笑)。

○キオ・アスノ

才能だけなら間違いなく一番の超天才、というキャラでしたね。祖父フリットとは反対方向に過激な思想に進んでいた気もしますが。
最後の主人公なんで一番おいしいところだけ持っていくのかと思っていましたが、どちらかというと少年時代しか描かれなかったので逆に不遇といえるかも。
きちんと大人になったキオも見てみたかった気がしますね。
ヴェイガンの本拠地に捕らえられてその実態を目の当たりにしてからは戦争を止める方向に動き出しましたが、残念だったのはディーンが死んでしまったことかなあ。せっかくヴェイガンの友人が出来たのだから、ゼハートが死ぬならせめてディーンだけでも生きていればヴェイガンとの友情へとつながった気もするんですけどね。まあそれ以前にちょっとヴェイガンの主要人物が死にすぎな気も。
なんにせよ最終回はきっちり主人公してましたね。そこまでちょっと空気すぎる気がしましたが(笑)。


…というわけでざっと三人の主人公の感想を書いてみました。
ストーリー自体はじゅうぶん楽しめましたが欲を言えばもっと時代の変化が感じられると良かったかな。何十年経ってもあまりモビルスーツとか軍事面以外での生活とかの違いが感じられなかったので。
ついでに言えば第三勢力的な国家なり存在すれば三つ巴の戦いになってけん制しあう戦略面の楽しさとかもあったかも。

モビルスーツ自体はヴェイガン側があまり印象に残らない気がしましたが、敵にしてはちょっとかっこよすぎるからかも。少し無骨なデザインとかのほうが敵としては好みですね。
逆に地球側の特にAGEシリーズはどれもかっこよかったですね。特にAGE-1グランサとAGE-2ダブルバレットはゲームとかでも愛用したいです。ダークハウンドもいろいろ期待できそうだ。

こうして49話、1年にわたるAGEの100年戦争完結!
次はどんなガンダムが登場するのか!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】機動戦士ガンダムAGE 29〜49話  風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる