風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】ジョジョの奇妙な冒険 11話「ゲームの達人」

<<   作成日時 : 2012/12/15 01:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

JOJO対吸血鬼ストレイツォ戦決着! そして舞台は「柱の男」の眠るメキシコへ!

今回のサブタイトルですが、言わずと知れたシドニィ・シェルダンのベストセラー、「ゲームの達人」からですね。JOJOの天才的な頭の冴えをよく表している言葉かと。祖父ジョナサンも正攻法だけではなく様々な機転や知恵を振り絞って戦いましたが、JOJOの場合はまさに「天才的詐欺師」(笑)。とても主人公がやるとは思えないようなトリックの数々をアニメでも披露してくれるかと思うとほんとに今から楽しみです。

今週から新OP「BLOODY STREAM」にチェンジ!
JOJO・シーザー・リサリサ・それに柱の男だけでなく主要キャラのほとんどが画面に登場してますねー。曲は1部の時とはまた違ってちょっとお洒落な感じの曲とでもいいますか。微妙に古い感じの曲調が逆に「らしく」ていいかも。

トンプソン機関銃でストレイツォに先制攻撃したJOJO!
だがストレイツォはかつてジョナサンをディオが葬った目から飛び出す必殺の体液「空裂眼刺驚(スペースリパー・スティンギーアイズ)」で防御していた。鏡を使ったトリックでストレイツォの攻撃を回避していたJOJOは波紋を叩き込む。しかしストレイツォはサティポロジァビートルの腸で作った波紋アースのマフラーを身につけていたため波紋が効かない。ところがJOJOは抜け目なく大量の手榴弾をストレイツォの背中につけて爆破!
それでも驚異的な再生能力で復活しようとするストレイツォに対してJOJOの取って置きの策は「逃げる」!
しかしストレイツォは無関係の女の子を人質にとってJOJOに自分の元へくるよう要求。女の子の奥歯を引き抜いたストレイツォに怒りを爆発させたJOJOは突進していく!
再び放たれる「空裂眼刺驚」をコップに波紋を流し込むことではね返したJOJOはとどめの一撃を今度こそストレイツォに!
敗北したストレイツォはスピードワゴンの遺体を川に投げ捨てたことに疑問を抱くJOJOに対し、逃れられない運命に踏み込んだことを告げて自らの波紋で消滅した。
引っかかりを覚えたJOJOはメキシコへ行くことを決意。そのころメキシコではドイツ軍のシュトロハイム少佐に捕らえられて生きていたスピードワゴンの前で「柱の男」が目覚めようとしていた…。


さて今回、JOJOはストレイツォとの戦いで祖父ジョナサンを死に至らしめた因縁の技「空裂眼刺驚(スペースリパー・スティンギーアイズ)」を見事破って見せたわけです。49年の時を経て孫がリベンジするってのは燃えますねー。ジョナサンはこれを受けた二度とも不意打ちに近い形だったので対処できなかったのですが、JOJOはその光景を目撃したエリナから情報を得ていたというのが生きましたね。ある意味ではジョナサンとエリナの二人がJOJOの命を救ったと言えるのかも。
しかしそれだけではなく十八番の「逃げる」(笑)間に対抗策を考え付くところがJOJOの真骨頂。純粋な戦士ではないからこその発想の柔軟さとフットワークの軽さで今後も数々の奇跡を起こしてくれるわけですからね。

そしてついにシュトロハイムも登場!
ナチスネタをどのくらいアニメでやるのか気になってましたが、「ナチス」という単語を使わないだけでそれ以外はきっちりやるようですね。捕虜の殺害もカットされませんでしたし。しかし考えてみると序盤のシュトロハイムは悪い奴だなあ(笑)。いや、特に最後まで変わったわけではないんですけど。

メキシコを舞台にディオやストレイツォたち吸血鬼を生み出した石仮面と柱の男の謎がJOJOを冒険へと誘う!

次回は12話「柱の男」で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】ジョジョの奇妙な冒険 11話「ゲームの達人」 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる