風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】ジョジョの奇妙な冒険 20話「シーザー孤独の青春」

<<   作成日時 : 2013/02/23 01:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シーザーの魂の叫び。JOJOにかつてない衝撃が襲い掛かる。

JOJOと大喧嘩をして飛び出していったシーザー。リサリサはJOJOにシーザーの秘められた過去を語る。かつて自分たち家族を捨てた父・マリオへの憎しみから荒れた青春を送っていたシーザーは、父がカーズたちを倒すために祖父ウィル・A・ツェペリの意志を継ぎ波紋の道へと進んだこと、そして自分を救うために犠牲になったという悲しみを抱えていたのだと。
カーズたちの待つホテルへ向かったシーザーはワムウに遭遇する。ワムウは「風のプロテクター」をまとい、日光をさえぎって襲い掛かってきた。シーザーを止めにきたメッシーナが片腕を切り落とされてホテルへと連れ込まれるが、そこからシーザーの猛反撃が始まる。祖父ウィルの使っていた波紋カッターの応用「シャボン・カッター」でワムウを圧倒。大ダメージを与えることに成功する。さらにホテルへと退却したワムウに「シャボン・レンズ」で日光を食らわせ完勝目前。
だがとどめを刺そうとした一瞬の隙にワムウの神砂嵐がシーザーを直撃した。
シーザーは命尽きる最後の力でワムウから解毒剤入りのピアスを奪い、自身のバンダナと共に鮮赤のシャボンに波紋をこめて残し散っていった。そしてその場に駆けつけたJOJOとリサリサは悲しみで泣き崩れるのだった…。

○シーザーの過去を語るリサリサ

初登場時は女好きのチャラチャラしたイメージで登場したシーザーですがその過去には壮絶な悲劇が。ここはそのまま祖父であるツェペリさんを思い起こさせますね。シーザーの父親・マリオの声優は山野井仁。こちらも洋画でよく目にするベテラン声優で出番は短いながらもいいキャスティングです。リサリサは暴走したシーザーを叱りつつもJOJOに彼の過去を語って聞かせることで二人が和解出来るようにうまく導いてくれてますね。このあたりシーザーとそしてJOJOに対する愛情を感じさせる素晴らしい「先生」であり、そして。

○シーザーVSワムウ

前回、ローマで戦ったときは指の皮膚を溶かす程度で手も足も出なかったが、急成長を遂げたシーザーの「シャボン・カッター」の威力が凄まじい! 祖父であるツェペリさんの波紋カッターを応用してるのは一族の誇りを受け継いだシーザーならでは。しかしワムウも「戦闘の天才」のセンスで窮地を脱する。このへんの攻防はほんとに見ごたえがありますねー。特にBパートに入ってからアニメオリジナルでの戦闘場面があったのは驚きました。このアニメでオリジナルシーンってほとんど見たことなかったですからね(1話冒頭くらいかな?)。さらにシーザーはホテル内でも「シャボン・レンズ」でワムウに王手をかけるなど日中に戦うためのじゅうぶんな戦術を構築していたのがわかります。ワムウにはあと一歩、いや半歩及ばなかったのは無念ですが、顔面に傷をつけるだけでなく正面からの戦いで敗北寸前までにワムウを苦しめたのはおそらく波紋戦士の歴史上初めてだったはず。
ただ、やはりシーザーはJOJOとのコンビプレイでこそ真価を発揮すると思うので、「もしもJOJOと組んでカーズ&ワムウと2対2だったなら」と思わずにはいられないんですよね…。JOJOとシーザーのコンビならどんな相手にも絶対負けないと思っているので。しかしこれはこの後のワムウ戦で形を変えて実現することに。

○シーザーの死とワムウの変化

シーザー最後の絶叫とその後のJOJOとリサリサが見せた慟哭は今でも原作を読み返すたびに胸を突き動かされますが、本当にジョジョ史上でも屈指の名場面のひとつだと思います。アニメでもJOJO・シーザー・リサリサ・ワムウの声優陣がみんな見事な演技を見せてくれたことは感謝したいですね。
そしてここでワムウに変化が。かつてローマで友人・マルクが殺された怒りで傷を負っても立ち向かっていくシーザーをワムウはカーズたちと共に笑いましたが、死の瞬間に友であるJOJOに全てを託そうとするシーザーを今度は笑わなかった。ワムウという男は詩人めいたところがあるのでやはりシーザーのその姿に美を見出した、というか心揺さぶられたのでしょうね。だからこそその気になれば取り戻せたはずのピアスをあえてそのままにして立ち去った。このワムウが偉大な好敵手・シーザーに対して抱いた敬意と友情が今後のJOJOとの戦いに大きな意味を持ってくることに。
最後の挿入歌は公式ツイッターによれば「Il mare eterno nella mia anima」(日本語で「魂のなかの永遠の海」)だそうですね。やはり特殊EDを持ってきてくれたことにも感謝。

シーザーを失ったJOJOとリサリサは悲しみを背負ってそれでも戦うしかない!

次は21話「100対2のかけひき」で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】ジョジョの奇妙な冒険 20話「シーザー孤独の青春」 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる