風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】宇宙戦艦ヤマト2199 1〜6話

<<   作成日時 : 2013/05/12 18:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

名作・宇宙戦艦ヤマトのリメイク版6話までの感想です。

4月から日曜5時枠で始まった「宇宙戦艦ヤマト2199」!
レンタルではすでにけっこうな巻数が出てますが、いずれテレビで放映するということでそれまで借りずに待ってました。評判は非常にいいらしく楽しみにしてましたが、ほんとにいい出来ですねー。声優こそさすがにはるか昔の作品で亡くなってる方も多いこともあって総入れ替えしてますが、それも今の映像とあわせてすんなり受け入れられてます。旧作のテレビの方はそこまでしっかり見たことはありませんが劇場版の方はたぶん全部見てますね。完結編以降のいろいろ作られた作品は実写も含めて見たことはありませんけど。あ、シド・ミードデザインのOVAは1話だけ確か見たことあったかな。

というわけで1〜6話、ヤマトが地球を旅立ち冥王星基地を制圧したところまでですね。声優が変わってもBGMがほぼ同じなのですんなり「ヤマト」って感じられますね。音楽の力は偉大だ。キャラクターも新たに何人か変わってるようですが、そもそもオリジナルのキャラをそんなに記憶してるわけではないので気にならない(笑)。古代・島・雪・真田・佐渡先生・沖田艦長といったメインキャラは相変わらずちゃんといますしね。その代わり女性キャラがかなり増えましたがこれが華やかになっていい感じ。ていうかキャラデザがセクシーというかエロいというか(笑)。パイロットに転属した山本とかが今後どういう活躍するのかも楽しみですねー。古代をめぐって雪と三角関係になったりするのか?

そして戦闘シーンの迫力もすばらしい。主砲が直撃したときにちょっと鈍い音が鳴ってから爆発するってあたりもいいですねー。旧作の劇場版第1作をこないだ見返してみたんですがガミラス軍も有能なんですよね。次から次へとヤマト攻略の新戦術を使ってくるのでそこらのスリリングさに今後も期待。ヨドバシカメラとかでヤマト系のプラモがたくさん置いてあるんで売れてるんでしょうねー。女性キャラのフィギュアなんかも売れそうな気もしますがあるのかな。

6話ではついにデスラーも登場。いきなり入浴シーンから始まったのは笑いましたが(笑)。ガミラスの方も組織としてしっかり設定を補完・補強してるみたいなのでそのへんも新鮮な感覚で見られそう。ドメルの登場も楽しみです。

2クールで果たしてどんなドラマが展開するのか!
宇宙戦艦ヤマト2199 1 [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2012-05-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宇宙戦艦ヤマト2199 1 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】宇宙戦艦ヤマト2199 1〜6話 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる