風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】機動戦士ガンダムAGE〜MEMORY OF EDEN〜 前編【Blu-ray】

<<   作成日時 : 2013/07/27 01:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ガンダムAGE特別編・前編の感想です。

ついに発売したアセム編メインで再編集された「機動戦士ガンダムAGE〜MEMORY OF EDEN〜」!
アマゾンで予約していたのでしっかりコンビニで受け取ってきました。

封入特典は「AGE FILE」。先に見ようかと思ったらなんかネタバレ臭いんで後回しにすることに。本編は前後編とパッケージに書いてあったのでアセムの若い頃と海賊時代に分けてるのかな。バンダイチャンネルで直前に前編の放映があったみたいですが、さすがに発売がすぐだったのでスルーしました(笑)。以前やった序盤の30分の放映の時は見たんですけどね。

さてメニュー画面では「ガンダムAGE-2〜運命の先へ」がBGMとして流れててテンションが上がる(笑)。果たしてテレビシリーズとどんな変化が描かれるのか。
前後編に分かれているのでまずは前編の感想から書くことにします。

○前編

まずは35分に渡ってアセム・ゼハート・ロマリーたちの学生編。これがほんとにいい。ていうかここできっちり青春時代を描いてるおかげで感情移入度が段違いなんですよねー。テレビの時はかなりさらっと流してしまってたので。あとで敵同士になると分かっていても、というかわかっているからこそ胸が締め付けられるというか。モビルスーツクラブでのアセムたちの思い出がほんとに貴重なものに感じられます。海合宿したりアセムとゼハートが殴り合いのケンカをしたり。ほんと青春してるなあ。ロマリーがアセムの幼馴染に設定が変わってますが、それもテレビシリーズとは違って新鮮味がありますしね。
新鮮味と言えばAGE-1なんかも戦闘シーンが新規になってたり新武装があったりして退屈しませんね。後編では赤いレギルスなんかも出てくるはずですし。
そしてゼハートがヴェイガンに帰還して敵となって立ちはだかり、軍に入ったアセムとロマリーと戦うことになるわけですが。ここからは三人が三角関係的に複雑に感情が入り乱れる展開。ゼハートへのコンプレックスからくるあせり、Xラウンダー適正がないことにショックを受けたりとこのあたりはテレビシリーズのままなんですがほんとにうまくまとめてあります。
この「MEMORY OF EDEN」が初めてガンダムAGEを見る人だとフリットやウルフなんかも当然ながらただの脇役キャラでしかないはずですが、それでも自然に受け入れられる感じで描かれてますね。
最後は湖の前でアセムがゼハートと再会、そしてその場に現れたロマリーがゼハートをかばったことでアセムとの関係に溝が出来てしまった、というところで前編終了。うまいところで引いてるなあ。期待以上にドラマが素晴らしい70分でした。
エンディングはテレビシリーズと同じSPYAIRの「My World」だったので懐かしかったですねー。てかいい曲なんで好きなんですよね。


というわけでまずは前編の視聴を終了。
後編は結末も含めてどうなるのか楽しみです!
機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2013-07-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】機動戦士ガンダムAGE〜MEMORY OF EDEN〜 前編【Blu-ray】  風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる