風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】ガンダム Gのレコンギスタ 3〜6話

<<   作成日時 : 2014/11/02 18:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Gのレコンギスタ、3〜6話までの感想です。

新作ガンダムも6話まで終了。ようやくキャラクターとか世界観、構図なんかも把握でき始めた感じですね。
主人公ベルリの属するキャピタル・テリトリィと表向きは宇宙海賊のアメリア軍。この両者が今のところ小競り合いを続けているという状況。
ベルリはアイーダに一目惚れしたのとその想い人(?)だったカーヒル大尉を殺してしまった借りを返すためアイーダたちの元へ。もちろんついでに彼らの状況をスパイしようという考えもあるようですが。
しかしなかなかG-セルフの操作がわからず苦戦してるところがいいですね。未知の機体はまだまだポテンシャルを秘めていそう。
かなり楽天的に状況を見ていたベルリですが、6話でデレンセン教官を撃墜してしまった時はかなり堪えてましたね。反応がカミーユを思い出しました。

アメリア軍のメンバーも「天才」クリム中尉がいいキャラしてます。けっこうやられ役ですけどなんだかんだで面倒見がいいですしね。ラライヤにやたらとちょっかい出されてますけどこの二人もどうにかなるんだろうか。ラライヤ自身も徐々にまともになってきてますね。
あとドニエル艦長なんかもこのところガンダムのテレビシリーズでは女性艦長だらけだったので逆に新鮮。

そしてキャピタル・アーミーのほうはお約束の仮面の男「マスク」が登場(笑)。ルイン・リーなのはバレバレですけど一応仮面には意味があるんですね。演じる佐藤拓也はビルドファイターズに続いてまたも仮面の男なのか(笑)。


戦闘の演出なんかも富野監督らしいシーンが随所に出てきて楽しいですねー。牧歌的な雰囲気で始まりましたがだんだんハードになって行きそうな予感も漂わせてます。とはいえ最近の富野監督の作品傾向からするとそこまで死人は出ないのかな。もっともデレンセンも死んでますしあまり油断しないほうがいいかも。

いずれにしても今後の展開が楽しみです!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】ガンダム Gのレコンギスタ 3〜6話 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる