風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】金田一少年の事件簿R(リターンズ) 38〜41話

<<   作成日時 : 2016/02/13 18:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
2クール目開始! 「雪鬼伝説殺人事件」

約一ヶ月の休止を挟んで2期再開! 2クール目に突入ですね。
OPはKAT-TUNの「TRAGEDY」、EDは暁月凜の「決意の翼」にそれぞれチェンジ。OPは高遠ががっつり出てたりラストのカットにグラビアタレントのポスターみたいなのがたくさん出てるあたりが金田一らしいというか(笑)。しかしどっちもいい曲ですねー。

それから2月はアニマックスのほうで劇場版2作品+テレビスペシャル3作品が一挙放送されるのでちょっとした金田一少年祭りになってますね。おかげでかなり楽しめます。アニマックスで旧作シリーズも放送してくれないかなあ。


さて今回の長編は「雪鬼伝説殺人事件」。
スキーリゾートのアルバイトに訪れた金田一と美雪が連続殺人事件に遭遇する話。しかし毎度のことながらスマホやらを個人で普通に所持してる今の時代では連絡の取れない隔離された空間を作るのもほんとに大変ですね。まあそれを逆手に取ったトリックもいろいろ考案されてるわけですが。

そしてキャストも相変わらずの豪華さ。スキーリゾート開発を手がけるCEOの月見里光(諏訪部順一)やネットオタクの鯖木海人(安元洋貴)、ゲストモニターの女子大生・椿原紅湖(伊瀬茉莉也)、過去に死亡したグラビアアイドル・雪原さやか(茅野愛衣)などほんとに毎回声優の演技だけでも楽しませてくれますねー。

しかし今回事件の発端となったグラビアアイドルの死亡事件ですが、彼女の中学時代のいじめ画像はちょっときつかった。首輪とか身体に落書きとか。アニメだからまだ現実味が薄かったものの実写だったらちょっと耐えられなかったかも。しかもこういう被害者のはずの人物が逆に好奇と非難の対象になってしまうというのもネット社会というか人間のやりきれない部分でもありますね。

そして真犯人である「雪鬼」の正体は途中でわりと簡単に気がつきましたけど取り乱したりしてたのも全部演技だったとするとたいしたものだ。もちろんそこには雪原さやかを死に追いやった人間たちへ復讐するという執念があったからこそですが。
それと最初に死亡した雲沢夏樹殺害のトリックは大掛かりすぎて驚かされました。もっとも殺す方法としてはわりとリスキーな気もしますが。必ず成功するとは言い切れないですしね。
二人殺害した犯人は一命を取り留めましたけど、雪原さやかは実際には自殺ではなく事故死だったので果たして死刑を免れることが出来るかどうか。情状酌量の余地は大いにあるとはいえわりとぎりぎりかも。

それと最後に美雪が「もし自分が雪原さやかのような目にあったらどうする?」と金田一に質問してましたけど、不謹慎ながらちょっと見てみたい気も。当人の言うように冷静に行動して犯人を刑に服させるのか、それとも常軌を逸した復讐者になってしまうのか。


さて次回は短編、「女医の奇妙な企み」。犯人役は坂本真綾らしくこれも面白そう(笑)!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】金田一少年の事件簿R(リターンズ) 38〜41話 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる