風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】映画「君の名は。」、二回目を観てきました。

<<   作成日時 : 2016/11/04 19:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

結末を知った上で見るとまたいろいろと新たな発見が。

10月に1回目を観てきた映画「君の名は。」ですが。

【感想】映画「君の名は。」
http://42986506.at.webry.info/201610/article_18.html

記憶が鮮明に残ってる間に二回目を観てこようということで、11/2のレイトショーに行ってきました。翌日が祝日だったのでちょうどいいかなと。ただ予想以上に観客が多くてびっくりしましたが。レディースデー、といっても僕以外にも男性客は普通に多かったですけどね。
今回は前回買わなかったパンフレットも購入。720円ですがけっこう充実しているのでよかった。12月には新しいパンフも発売するそうですが、その時はまた観に行ってもいいかも。

さて二回目の視聴となったわけですが、プロローグというかオープニングの映像を一回目に見たときは瀧と三葉は高校時代にうまくいかずに別れてたのかと思ってたんですよね。実際は互いに記憶を失ってたわけですが。男女入れ替わりの話ってくらいしか知らなかったのでそもそも彗星が落ちて町が全滅なんて予想してなかった(笑)。しかし今回は話を知っているのでここらの意味も理解できました。

そっから先はいろいろ二回目だから注意して細かい部分を観ていこうかとか思ってましたが本編始まったら話に引き込まれて結局あんまり一回目と変わらない感じで見てたような(笑)。ただやっぱり背景の美しさとかほんとすごいなあと感動。CGの時代になりつつありますが手描きでもここまでできるんだというのを見せつけられました。
声優なんかも一回目は長澤まさみとかどの役なのかも知らずに見てましたからね。瀧の友人たちとかは普通にアニメの声優だったり。今回はそこらの知識も入ったうえでなのでそのへんはわかりやすかったですね。

しかしまあどれだけ作画がすごくて豪華なキャスティングにしてもストーリーがつまらなかったら意味がないですからね。この映画はアニメとか美少女ゲームとかライトノベルとかのエッセンスも入ってるとは思いますが、なにより青春小説の王道中の王道をやったってのが成功した理由なのかな、と。泣ける映画というよりは、少年と少女が笑って泣いて恋をして困難に立ち向かって最後はハッピーエンドという締めで本当に爽快感がありましたからね。三葉とその町が彗星で全滅したことを知った瀧は過去に戻って当たり前のように全員を救うために行動を開始。そのバトンを受け取った三葉が見事ミッションを完遂。奇跡を起こした二人がちゃんと最後は再会するという。本当にいい映画を作ったなあ。


二回目もほんとに楽しく見られましたが二回も見た以上はBDも購入したいですね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】映画「君の名は。」、二回目を観てきました。 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる