風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】映画「君の名は。」(IMAX版)

<<   作成日時 : 2017/01/14 01:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

IMAXバージョンとして新たに公開された「君の名は。」、初日に観てきました!

これまでに3回映画館に足を運んだ映画「君の名は。」ですが。

【感想】映画「君の名は。」
http://42986506.at.webry.info/201610/article_18.html
【感想】映画「君の名は。」、二回目を観てきました。
http://42986506.at.webry.info/201611/article_4.html
【感想】「君の名は。」 2016クリスマス&年忘れSP 大合唱上映会
http://42986506.at.webry.info/201612/article_23.html

10・11・12月と観に行ってるので気が付けば毎月になってますね(笑)。もちろん毎回違う目的だったわけですが。初回はほとんど予備知識なしで、2回目はもう一度見直していろいろ確認するため、3回目は合唱上映会と。

そして今回は1/13から2週間限定というIMAX版を観に行きました! 
これで4回目ですね。ちなみに4回とも払った料金が違うんですよね。1回目は誕生日クーポンで1000円、2回目は通常クーポンで1200円、3回目の合唱上映会は1800円、そして今回はIMAXなので2300円という。だんだん高くなってますがもちろんそれだけの価値があるからこそ払ってるわけですけどね。

さて今回はIMAXのあるTOHOシネマズ新宿に行きましたが、実は何気に初めてだったりします。新宿で映画は新宿ピカデリーが距離的にも金額的にも便利すぎるので他に行くことがあまりなかったんですよね。新宿バルト9とかはたまに行きますが。
14日が「TOHOデー」で400円安いらしいのでこの日にしようかとも思ってたんですが、あいにく定期が13日で切れるという。これならどっちでも変わらないので最速で13日に観に行くことにしました。

しかしそもそもIMAXとはどういうものなのかさっぱり知らなかったんですがどうやら巨大スクリーンに可能な限りの高画質・高音質って考えればいいのかな。「君の名は。」はIMAX用に作られた映画ではないので「IMAX DMR」という技術で変換しているそうです。通常料金より500円高いだけの値打ちがあるかどうかは初体験なので見てみないとわかりませんが。もともと映像がとんでもなくきれいな作品ですから果たして違いを感じ取れるのかという。これまでに3回見た新宿ピカデリーとバルト9はいずれも一番いいスクリーンと音質の環境だったようなので比較するには最適ですね。ツイッターとかにも感想は上がってるとは思いましたがやはりファーストインパクトを大事にしたいので情報を入れないようにしておきました。

座席のほうは二日前に予約しておきましたがどこがいいのかはなにぶん初めてなのでわからないんですよね。いろいろ調べた限りではけっこう後ろのほうがいいようで。というわけでとりあえずG列にしておきました。もう少し後ろでもいいかもとは思ったんですがまあ3回も見てますからね。そのへんは多少見づらくてもそこまで後悔はしないだろうと。

というわけで上映開始10分前から入場がスタート。10番スクリーンに入ってみるとスクリーンの巨大さにまずは驚かされました。ほんとにでかい。僕の席であるG列は思ってたよりもちょうどいいポジションですね。ただ前の座席の人の頭がちょっぴりだけスクリーンにかかるのでベストは前のF列かあるいはすこし段差が高い後ろのH列かもと感じました。

まずは本編に先立ってIMAX映画の予告が流れたんですが驚いたのは天井の照明がまだ消えてないのに映像がくっきり見えるんですよねー。IMAXに特化した映画を見たらほんとにすごそう。

そしていよいよ本編開始!
映像に関してはもとからとんでもなくすごい作品なんで「DVDとBDくらい違う!」とまではいかなかったですね。とはいえただでさえきれいな絵がさらにくっきりはっきりしたのとスクリーンの巨大さもあって周囲の小物とか新聞の文字とかがすげえクリアに見える(笑)。ものすごく描き込んであるんでほんとに何度見ても新鮮味がありますね。
何よりこの巨大なスクリーンに自分の身体を埋没させて映画を見るという感覚も未知の体験でVRヘッドセットをつけて映画を見たらこんな感じなのかなとも思ったり。前のほうの座席はやめたほうがいいと言われてるようですけど2回目3回目見るなら思い切って前のほうの席に陣取るのもありかも。

ただ映像だけでなく驚かされたのは音響でした。カフェとか教室とかでなんか場内で急に話し声がしてるような気がしたら実際は本編の音声だという。正面からだけではなくいろんなところから音声が聞こえてくるので全く違う感覚で視聴できました。特に瀧がご神体に向かう雨のシーンが印象に残ってます。


……というわけで4回目の観賞はIMAX初体験でということになりましたが、これは通常のバージョンに物足りなくなってきた人にはほんとにうってつけだろうなと感じました。もっとも僕が見た場内ではわりと今回が初めてという人もいたようで終了後に感想を言い合ってましたが。今から見ようという人はIMAX版で見てもいいかもしれませんね。IMAX版は通常版とは別物というより「完全版」という印象でした。

これで「君の名は。」(IMAX版)も視聴完了。次はBD発売を待つばかりですがいつになるやら(笑)。ただやっぱりこの作品は映画館で観るべきものすごいクオリティだなあと改めて実感というか体感しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】映画「君の名は。」(IMAX版) 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる