風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】映画「心が叫びたがってるんだ。」

<<   作成日時 : 2017/01/08 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「あの花」のスタッフによるオリジナル映画を視聴しました。

このところアニメ映画がかなり盛り上がってますが、2015年に公開された「心が叫びたがってるんだ。」をちょっと見てみたくなったのでレンタルしてきましたよ。
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のスタッフによる作品だそうで。そちらは僕も以前テレビシリーズのほうは見たことがありますけどね。

【感想】あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 全11話
http://42986506.at.webry.info/201110/article_8.html

他の映画を見たときに予告だけは何度か見たことがあるので多少は予備知識らしいものはあったかも。


というわけで見てみましたが、冒頭で主人公の成瀬順が子供のころに父親がラブホから不倫相手の女と出てくる場面に遭遇してそれを意味もわからず母親に話してしまったことがきっかけで両親が離婚するというえぐい展開。しかもそれがきっかけで当人は声が出せなくなってしまうという。

そして高校生になって担任教師の指示で地域ふれあい交流会」の実行委員に選ばれてしまう。メンバーは音楽を少しやっていた坂上拓実・野球部で腕を痛めている田崎大樹・チアリーダー部の仁藤菜月の4人。
坂上と仁藤は実は中学時代に少しだけ付き合っていたという過去も。

この4人を中心にしたクラスでの青春模様という映画でしたね。恋愛要素もありますけどあくまで青春がメインというか。坂上と成瀬、田崎と仁藤って組み合わせで行くのかと思ってたら坂上と仁藤、成瀬と田崎って組み合わせで移動しているとことかは新鮮味がありました。
クラスの出し物としてミュージカルをやることになって奮闘する物語ですがわりとゆったりしたペースで進んでいきますね。やるべき要素を絞っているのかそれほどテンポを重視していないというか。そういえば成瀬の母親役を吉田羊が演じていたのは驚きました。

物語は坂上と仁藤の関係を知った成瀬がショックで主演予定の舞台から逃走してしまうというやばい展開でちょっとはらはらしましたが。結局戻ってきてみんなが受け入れてくれたからいいもののこの映画見てる観客からは叩かれそう(笑)。
ただ最終的に意外だったのは成瀬が坂上に振られてしまうところですかね。結局坂上は仁藤とよりを戻す方向に行き、代わりに田崎が成瀬に告白しに行ったというところでエンディングに。まあこれも青春ですけど個人的にはちょっともやもやしてしまったかも。普通に坂上と仁藤がくっついてよかったのでは。とはいえ恋愛物ってわけではないのでこれでいいのかな。しかし田崎は果たして告白を受け入れてもらえるんだろうか。


というわけで「心が叫びたがってるんだ。」を視聴することができました。最近レンタルしてもなかなか集中して見ることができなかったんですが電気を消してきちっと時間を決めて見たらけっこう続けて見ることができますね。またほかの話題作も機会があれば見てみたい。
心が叫びたがってるんだ。(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス
2016-03-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 心が叫びたがってるんだ。(完全生産限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】映画「心が叫びたがってるんだ。」 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる