風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】NARUTO疾風伝 シカマル秘伝 全5話

<<   作成日時 : 2017/02/09 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ナルト秘伝シリーズ小説「シカマル秘伝 闇の黙に浮ぶ雲」をアニメ化したエピソードの感想です。

4月から「BORUTO」にバトンタッチするNARUTO疾風伝、本編終了後のエピソードをアニメで展開してますが、三連続で秘伝小説をアニメ化することに。第一弾の「サスケ真伝 来光篇」がなかなか面白かったのでこのシカマル秘伝もしっかり視聴しました。アマゾンレビューだとなんか評価が微妙っぽかったんであまり期待してはいなかったんですけどね。

しかし実際に見てみるとかなり面白かった!
抜け忍たちが大量に流れ込んでいるという「黙(しじま)の国を探るため、シカマルが暗部の朧(ロウ)と鏃(ソク)と組んで潜入工作を開始するという物語。この三人の珍道中がなかなか面白くて。特に14歳の女の子・鏃はちょっと生意気な性格で語尾に「〜だし」とか「〜するし」とか必ずつけてしゃべるんですがなんか憎めなくてかわいい(笑)。シカマル視点だと5歳も年下だからってのもあるかな。

黙の国を支配するゲンゴの洗脳によってサイだけでなく朧と鏃も敵に回って絶体絶命のシカマル。しかしそこに駆け付けたのはテマリ・いの・チョウジ。シカマルがゲンゴを追う間に三対三で洗脳を解くために戦うわけですが、見所は何といってもサイ対いのでしたね。将来結婚するこの二人ですけどなれそめ的なものがほとんど本編で描かれなかったのでここでうまく補完していたというか。いのがサイの心に入り込んでゲンゴに囚われているのを救出したことがきっかけになりましたね。戦いが終わった後でサイがいのをデートに誘ってましたが、「THE LAST」のおまけ漫画でサイからナルトがデート雑誌を借りてたことにも自然につながるかも。

見事ゲンゴの野望を阻止したシカマルは戦いが終わった後で不器用ながらも助けてくれたテマリをデートに誘う。尻に敷かれるのが確定してるような流れでしたが(笑)。しかしオリジナルキャラクターである朧と鏃もちゃんと生き残ったのが良かったですねー。原作が続いてたら後で矛盾が生じないように殺しておいてストーリーから消しておくというのもあり得るんですけどね。完結しているからこそそうする必要がないわけで。ボルトの時代でも鏃は20代でしょうしゲスト出演してくれたらうれしいかも。


というわけでシカマル秘伝が期待以上に楽しめましたが、次回はいよいよ「木ノ葉秘伝」!
これは唯一小説を購入しているのでアニメ化はうれしい! しかし「THE LAST」を挟まずにいきなりナルトの結婚に移行するんですね(笑)。「THE LAST」自体は以前深夜に放送していたとはいえ。

次回は一時間スペシャル「木ノ葉秘伝 第1話 〜ナルトの結婚〜」。どういう風にアニメ化されるのか楽しみです!

NARUTO ─ナルト─シカマル秘伝 (JUMP j BOOKS)
集英社
岸本 斉史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NARUTO ─ナルト─シカマル秘伝 (JUMP j BOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】NARUTO疾風伝 シカマル秘伝 全5話 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる