風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】君の名は。(コミック版) 1巻

<<   作成日時 : 2017/04/19 18:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

琴音らんまる作画による映画「君の名は。」の漫画化作品。1巻を読み終えました。

これまでに映画「君の名は。」の小説版は2冊とも電子書籍で購入していたわけですが。

【感想】小説 君の名は。
http://42986506.at.webry.info/201611/article_13.html
【感想】小説「君の名は。 Another Side:Earthbound」
http://42986506.at.webry.info/201703/article_25.html

今度はコミック版にも手を出してみることにしました。ちょうど4/22に完結編となる3巻が発売するそうなのでちょうどいいタイミングかなと。今回もいつも通り電子書籍で。しかしほんとに紙の漫画は買わなくなったなあ。2巻までまとめて購入したので後は3巻発売待ちですね。
というわけでまずは1巻の感想を。


この1巻は発売日が映画公開の3日前だったみたいですね。作者はこんなに大ヒットすると予想できたんだろうか。
ストーリーは映画の最初から瀧と奥寺先輩がデートを終えるまで。ほぼ映画と同じ内容ですね。三葉と入れ替わってる瀧が男子トイレに何度も入ったりとか細かい違いはあるものの。三葉が自分の父とはうまく行ってないぶん瀧の父親とは仲良くなってたり。読みやすい構成になってるので違和感はないですね。

作者は名前からだと性別不明だけど絵柄や描写からすると女性なのかな? まあ最近はこういうのでも男性だったりする場合もあるんではっきりとはわかりませんけど。奥寺先輩は髪の毛にベタが塗られてないので映画よりも柔らかい印象がしますね。たばことか吸いそうにない(笑)。キャラの顔は映画とはまた違いますけどこれはこれでけっこういいかも。特徴はしっかり似せてますしね。

そういや二人が恋に落ちた理由がわからないって意見も目にすることがありますけど、正直僕は初めて映画を見た時からその後も計6回見てますけど一度も違和感覚えたことないんですよね。なぜかと考えるとたぶん「前前前世」の曲の間で描写されていく二人のスマホや自分たちの肉体(笑)を通してのケンカがラブコメのテンプレそのものだからかも。「喧嘩するほど仲がいい」「似た者同士」「すでに夫婦」みたいなあれですね(笑)。テッシーとサヤちんが最初に登場して口ゲンカしてるのを三葉が「あんたら仲ええなあ」と言ったのと同じで。


次は2巻。物語がドタバタ入れ替わりラブコメから一気に急展開ですね!

君の名は。 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-08-23
琴音 らんまる

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 君の名は。 (1) (MFコミックス アライブシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】君の名は。(コミック版) 1巻 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる