風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】関ヶ原

<<   作成日時 : 2017/04/24 19:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

司馬遼太郎・著のベストセラー小説を読み終わりました。

2017年8月26日に映画「関ヶ原」が公開されることになっていますがこの映画実は観に行こうと思っているんですよね。

映画「関ヶ原」公式サイト
http://wwwsp.sekigahara-movie.com/

2016年の大河ドラマ「真田丸」にめちゃくちゃハマってたこともあっていいタイミングというか。大河のほうでは真田信繁が直接見た戦いではないがゆえに伝聞で結果を伝え聞くだけの扱いで「超高速関ヶ原」なんて言われてましたしね(笑)。石田三成役の主演は岡田准一。大河ドラマ「軍師官兵衛」で黒田官兵衛役を演じてるのでこういう戦国物には適役ですね。


というわけで読んでみましたが映画に出てくる有村架純演じる「初芽」というキャラはオリジナルキャラクターではなくちゃんと小説にも出てくるんですね。司馬遼太郎の創作したキャラクターなのか実在の人物をモデルにしてるのかWikipediaとか調べてもちょっとはっきりしませんけど。
映画の予告での「議は尽くした!」なんて三成のセリフも本編に出てきたのでわりと原作のセリフもしっかり取り入れてきそう。

そしてストーリーの方ですが序盤は石田三成と島左近、徳川家康と本田正信が中心となって秀吉死後の権力争いを描いてますね。中盤くらいには各大名の動向を一章ごとに分けてかなり長く書かれてます。映画ではこの辺バッサリとカットできるのでわりと時間的な余裕はできるかな。そして終盤は関ヶ原の戦いと三成の死までを描いて終了。

しかしまあ読み進めれば進めるほど西軍がどうして負けたのかがよくわかる。というかこれで勝ったら奇跡以外の何物でもないというか。家康はほんとに入念に可能な限り手を尽くして権力を奪取しようと努力してますが三成のほうはあまりにも雑すぎる。理屈を現実や人の感情より優先してるのでついてくる人間がほとんどいないというのは悲劇というより自業自得というか。豊臣を守るために誰よりも忠義に燃えているけれどむしろ三成がいることで家康の味方が増えていくという。さらに戦もとことん下手なのがこれでもかと描かれていて頭を抱えてしまう(笑)。机上の論理を信じて現実を見ないわせっかく味方になってくれている相手をただの駒としてしか見ておらず意見を取り上げようともしないとか。仮にこの世界に生まれてたら三成とともに戦うのはちょっと耐えられないかも。

家康はやり方ももちろん狡猾なんですけどそれをわかってても大名たちからは支持されるだけの信頼を得ているんですよね。さらに言えば民衆も秀吉の悪政にうんざりしていたという。仮に民主主義のやり方で選挙を行ったとしても間違いなく家康がトップに選ばれていただろうなと。

ただこれほど準備の段階に明確な差がありながら関ヶ原では状況次第で西軍が勝った可能性があるというのも面白い。最後のほうで三成が以前秀吉から百万石をもらえることになったのを断ったことを後悔していましたがまさにそこがターニングポイントだったのかもしれませんね。力があれば三成に人間的な問題点があっても諸将を従わせることができたろうに。ただやはり長くは続かなかったでしょうね。滅びるべくして豊臣は滅びていったんだなあとよくわかる。


これで原作も読んだので映画もますます楽しめそうです!
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
新潮社
司馬 遼太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



関ヶ原〈中〉 (新潮文庫)
新潮社
司馬 遼太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 関ヶ原〈中〉 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



関ヶ原〈下〉 (新潮文庫)
新潮社
司馬 遼太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 関ヶ原〈下〉 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】関ヶ原 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる