風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】「君の名は。」Blu-rayコレクターズ・エディション #3

<<   作成日時 : 2017/07/31 19:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
特典ディスク1についての感想を。

【感想】「君の名は。」Blu-rayコレクターズ・エディション #1
http://42986506.at.webry.info/201707/article_25.html
【感想】「君の名は。」Blu-rayコレクターズ・エディション #2
http://42986506.at.webry.info/201707/article_29.html

メニュー画面の音楽は「はじめての,東京」

○「君の名は。」メイキングドキュメンタリー

約90分にわたってどのように映画が作られたのかを紹介する映像。そうそうたるスタッフが集まってものすごい作品が作られたんだなあ。作画監督である安藤雅司のすごさを新海監督はこれでもかと語ってましたし彼がいたから原画にもすごいメンバーが集まったとも。作画の作業とかほんとに一枚一枚時間がかかるんだなあと映像を見ていて思いました。オープニング映像はキャラクターデザインの田中将賀が担当してどう作り上げていったのかも。
巫女舞のシーンは歌舞伎役者の中村壱太郎が作った舞をアニメに落とし込んでいく作業が興味深かったですねー。舞そのものも一つの所作にそれぞれ意味があるのもすべて解説してあって面白い。
美術背景・音楽・効果音などいろいろと作っていく過程も見ることができましたが一本の映画を作るのってほんとに手間がかかってるんですねー。声を担当した俳優陣についても新海監督がコメントしてましたが実際にアフレコしてる様子も映ってて面白かったですねー。欲を言えば声優たちのほうも少しスポットを当てて欲しかったかな。
映画が完成して試写会へと至るころの監督インタビューがありましたが、「最初に考えてたもののほうが三倍くらい良かったんじゃないか」とかわりと不安を感じてる姿も見ることができましたね。もしも失敗したら立ち直れないんじゃないかくらいの恐怖心はあったのかも。実際は成功なんてレベルではないとんでもないものが出来上がったわけですが。


○ビデオコンテ

作品の設計図であるこのビデオコンテ、「君の名は。展」とか「新海誠展」でも一部が絵コンテとして飾られたり流されてたりしましたがまるまる見るのは初めてですね。正直、この段階のものをそんなに楽しめるのかという疑問はあったわけですが。
しかし実際に視聴してみると意外にもこれはこれでかなり面白いという。声は序盤の25分くらいまでは三葉と奥寺先輩の声を女性が担当してますが(新海監督の奥さんで女優の三坂知絵子)、そこからはラストシーンを除いてほぼ全部監督が演じてるという。セリフの語尾とかアクセントとか変わってますが監督がセリフにどういうイメージを持ってたのかがわかりますね。それを声を担当する役者がどう味付けしたのかも。このビデオコンテは声を担当する役者にも事前に渡されてたそうなのでかなり演じやすかったんじゃないかな。エンディングテロップには瀧役と三葉役しか名前の記載がなかったので他の配役はビデオコンテを作ったあとで決まったんでしょうね。
映像もわりと描き込んであるし音楽や効果音はそのままなんで見やすい。ラジオドラマとか紙芝居ドラマとか見てる気分でいろいろ想像がかき立てられますね。ただ同時に完成版での役者の演技の力や映像の力というものも改めて思い知りましたが。


というわけで作品がどうやって作り上げられたのかを見ることができるかなり貴重な資料でした。また機会があったら見直してみたいですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】「君の名は。」Blu-rayコレクターズ・エディション #3 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる