風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「さよなら日劇ラストショウ」の最終日に行ってきました!

<<   作成日時 : 2018/02/04 19:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
日劇3で「アナと雪の女王」「君の名は。」「トップガン」を三連続で鑑賞!

1/27から始まった「さよなら日劇ラストショウ」、初日は日劇1で「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を見てきたんですよね。

「さよなら日劇ラストショウ」の初日に行ってきました!
http://42986506.at.webry.info/201801/article_27.html

僕自身は日劇そのものには思い入れがないというかそもそも去年1回だけ日劇2で「ターミネーター2 3D」を観ただけなんですけどね。ただ、僕にもやはり学生時代の思い出の映画館というのはあって今は取り壊されてるんですけどその跡地を見た時はけっこうつらいものがあったんですよね。その最後を見届けられなかったのは無念でもありました。なので日劇への思いを抱く人たちをリスペクトしつつ、僕も思い出の映画館への感傷にちょっと浸りながらこのイベントに参加したいな、と。

そして2/4は最終日、日劇1では「タイタニック」「となりのトトロ」「もののけ姫」、日劇2では「シン・ゴジラ」「ゴジラ(1984年版)」「ゴジラ(1954年版)」、そして日劇3では「アナと雪の女王」「君の名は。」「トップガン」が上映。
というわけで最終日も参加することにしましたが問題は何を観るか。

まあこの中に「君の名は。」が入っている以上はファーストチョイスになるのは当然ですね。これで11回目の劇場鑑賞ということに(笑)。で、せっかくなのでもう一本ということになりましたが「タイタニック」は時間がかぶっているので除外、「ゴジラ(1954年版)」も「君の名は。」終了と同時に始まってしまうので残念ながらちょっと厳しい。
というわけで続けて観るのは「トップガン」にしました! これも劇場で見たことないですからねー。ていうかテレビだかレンタルだかで一回観たことがあるだけかも。音楽は有名すぎるんで当然口ずさめるくらいですけどね。
でまあ、これでやめても良かったんですが今回はさらに「アナと雪の女王」も観ることにしました。こちらも劇場で見たことがなかったというのもありますが、「君の名は。」もさすがに何度も見すぎてるのでちょっとした変化が欲しかったんですよね。うまく2本の作品にサンドイッチされてればまた新鮮味も加わるんじゃないかと。地上波で正月に観た時もCMとか入ってることでかえって新鮮な感動があったので。

ただ問題は三本も続けて観るのに体が耐えられるかということでしたが。こんな連続しての映画観賞なんて久しぶりすぎるので。間に40分ずつの休憩があるのでそれをうまく生かしつつ、座席でも可能な限り快適にする工夫が必要ですね。食事とかトイレとかもうまくここで済ませていかなければ。チケットのほうは初日にすでに発券しておいたので余裕をもって映画館に向かえるのは大きい。

〇「アナと雪の女王(吹替版)」(11:00〜12:52)
画像


〇「君の名は。」(13:30〜15:20)
画像


〇「トップガン」(16:00〜17:54)
画像


三作品のラインナップで気が付きましたけどだんだん対象年齢層が高くなっていってますね。「アナと雪の女王」は低年齢層とファミリー向けで「君の名は。」は中高生、「トップガン」は若者向けではあるけどもう少し上の年齢向けかな。三作品とも音楽の力がものすごく強いのでいい組み合わせですね。


……そして無事完走できました!
しかし40分の休憩時間が意外と短くてちょっと焦りましたが。「アナと雪の女王」のあとはコンビニで肉まんとピザまんを買って食べて昼食に。「君の名は。」のあとは睡魔を消すために缶コーヒーだけ飲んでなんとか乗り切りましたけど。途中でトイレに立つこともなかったのはうまく体調管理できたなと。小型カイロも買って脚を冷やさないようにしましたしね。

「アナと雪の女王」は始まる前に「ミッキーのミニー救出大作戦」なんて短編映画が10分くらい上映されて驚きました。通常上映されてた時はこれもセットだったのかな。何にしても初めて劇場で見ることができてミュージカルの素晴らしさとかスケール感にわくわくさせられましたよ。みんな歌うまいなあ。しかし改めて見てもハンス王子の豹変は途中で脚本変更したのかと思うほど突然ですね。まあクリストフとアナがうまくいってくれたからどうでもいい問題だ(笑)。最後は拍手がありましたけどその最中に吹替え版のキャストのテロップが画面に映ったのでなんかタイミングが狂って微妙な雰囲気だったかも。

次の「君の名は。」ですが意外にも初見の人が結構いたようでおっぱい揉みとかのシーンで笑いが起きてましたよ。見てない人もまだまだいたんですね。まあ僕も「アナと雪の女王」を劇場で見るのは初めてだったので人のことは言えませんが。上映終了後はものすごい拍手。何度見てもほんといい映画ですよね。
ただ帰りの電車の中でちょっと感じたのは「日劇が消滅する」ということとこの映画の「糸守町が消滅して瀧が胸を締め付けられる感情を抱いている」というのは日劇に思い入れがある人が観ていたらもしかするとものすごく胸に刺さったかも。僕も上で書いた思い出の映画館の跡地を見た時の感情は今でも思い出せるくらいなのでこれまでにない感覚をこの映画から受けた気がします。

そしてこの日最後の映画は「トップガン」!
大筋は覚えていても細かいところはまるで覚えてないのでものすごく新鮮でした。主題歌の「デンジャーゾーン」ってあんなひんぱんにかかるのかとびっくり。二時間映画ですけどわりとじっくりドラマを描いててアクションアクションって感じではなかったのも意外。トム・クルーズが若くてカッコよかったなあ。画質はよかったんですけど字幕がDVDとかにあるタイプではないみたいなのでこれって何をマスターに使って上映したんだろう。「デンジャーゾーン」の歌詞の翻訳が「耳に聾する」なんて書かれてていかにも昔の翻訳っぽいなあと。そしてこちらは開始と終了の両方で拍手がありました。日劇に通い詰めてた人は万感の思いがあったんじゃないかなきっと。


というわけで今回の三作品連続鑑賞を終えました。違うタイプの作品を続けて観ることができて有意義でしたね。
今年もまたたくさんの素晴らしい映画を見られたらいいなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「さよなら日劇ラストショウ」の最終日に行ってきました! 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる