風吹く荒野をのんびりと

アクセスカウンタ

zoom RSS 【サッカー】GL最終戦、ポーランドに敗北もかろうじて決勝トーナメント進出!

<<   作成日時 : 2018/06/29 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2018W杯グループH第3戦 日本 0-1 ポーランド

2試合終えて勝ち点4で得点4失点2でグループ首位につけている日本。セネガルもまったく同じ成績なので警告数の差ですけどね。3位には勝ち点3でコロンビア。
そして最終戦は日本はすでに2敗しているポーランドと対戦。FIFAランクではポーランドが圧倒的に上ですが常勝国というわけではないのでそこまで恐れる必要はないですね。問題はこの最終戦をどういうメンタルで来るかかと。
そして日本は監督交代を正当化するためには絶対に決勝トーナメントに進まないといけませんね。いくら勝ち点4取ってもGL敗退ならやはり責任を追及されるのは当然かと。アジアで唯一可能性を秘めてるだけにその希望も背負って勝たなければいけませんね。

スタメンは、

GK 川島
DF 酒井宏・吉田・槙野・酒井高・長友
MF 柴崎・宇佐美・山口
FW 武藤・岡崎

スタメンを6人変更。これは3バックなのかな。あるいは長友か酒井高を一列上げるのか。コンディション重視で走れるメンバーにしたのかな。あるいはレヴァンドフスキにマンマークでもつけるのか。かなり思い切ったやり方ですけど果たして西野監督はハリルホジッチのようになれるか。正直ここまで変えるのはさすがにギャンブルすぎる気もしますが。

前半。酒井高が右サイドハーフかな。序盤はポーランドはそれほど迫力がないので怖くないですね。一本ゴールラインぎりぎりで川島が防いだシュートがあったものの全体的に見ればポーランドはとてもFIFAランク8位には見えないチームでしたね。パスもうまくつながらずフィジカルの強さも示せずと。このまま時間が過ぎればドローで突破できますがどうなるか。
他会場のコロンビアとセネガルも0-0なのでこのままだとコロンビアは敗退。焦りだして自滅してほしいところですね。

後半。後半2分にいきなり岡崎に代えて大迫。岡崎は負傷のようですがどうせ交代ならハーフタイムのあとすぐがよかったですね。
後半14分、セットプレーからポーランドに先制を許してしまう。内容的には悪くなかったのにこれがサッカーの恐ろしさですね。そしてセネガルとコロンビアは0-0のままなのでこのままだと日本は敗退ということに。
勢いが出てきたポーランド。後半20分、宇佐美に代えて乾。
これまで強さを感じなかったポーランドがリードしてからは試合巧者ぶりを見せてきましたね。セネガルが先制してくれれば。
後半30分、コロンビアが先制。フェアプレーポイントで日本が有利とのこと。こうなると警告は絶対避けたい。
後半37分、酒井高に代えて長谷部。ベンチからの指示が伝わったのか時間を使い始める日本。セネガルが追いつかないことを祈るしかないですね。

アディショナルタイムは3分。もうお互い攻めないことが暗黙の了解になっている試合。ブーイングなど気にせず戦うしかないですね。そしてこのまま試合は終了。
他会場のコロンビアとセネガルの試合はそのまま1-0でコロンビアが勝利。フェアプレーポイントの差で皮一枚で日本が決勝トーナメントに!

まあほんとに危ない試合ではありましたが救われましたね。なにはともあれこれでアジアとアフリカ合わせても唯一の決勝トーナメント進出。ただ西野監督続投ってことに関しては真剣に議論したほうがよさそうですね。

いろいろしんどい試合でしたがとりあえずよくやった日本! 目指せベスト8!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【サッカー】GL最終戦、ポーランドに敗北もかろうじて決勝トーナメント進出! 風吹く荒野をのんびりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる