【感想】バチバチ 3巻

夏場所スタート。鯉太郎、プロデビュー!

いよいよこの巻から鯉太郎が大相撲の舞台に立つことになりますが、新人は序ノ口になる前に「前相撲」という三試合を行なわなければならないんですね。
このあたりも相撲がどういう流れで上へ上がっていくのか勉強になります。

さて、今回描かれるのはデビュー戦の田上戦、そして第二戦の宿敵・王虎戦ということになりますが、ここらあたりですごく印象的というかうならされるのはこの作者の「間の取り方」とか「緊張感」、「ひりひりするような空気」とでも言えばいいんでしょうかねー。
いや、ほんとすごい!
読んでてもう息を呑んでしまうってのは最近なかなか漫画では個人的にない体験です。

兄弟子たちの快勝(白水除く)の後で他の新弟子たちと共に土俵に上がる鯉太郎。よく見ると石川・渡部・村神・蒼希狼もちゃんと描かれてますね。
最初から他のライバルキャラたちもしっかり設定されてたのがわかります。
東京まで応援に駆けつけたマコ姉たちも見守る中、柏手ひとつでブーイングを黙らせた鯉太郎。
初戦の相手は虎城部屋の新弟子、全国ベスト8の田上!
ぶちかまし三連発で勝利したものの田上の最後の張り手はぎりぎりでかわせたということもあって、鯉太郎はプロの戦いの凄さを肌で感じたよう。
やられた田上の描写もしっかり描いてくれるのがこの漫画のいいところですね。対戦相手もなおざりにしないのが。

そして次なる相手は虎城親方の息子にして因縁の相手・王虎!
初戦で圧倒的な強さを鯉太郎に見せつけますが、実際序盤で戦うには強すぎる相手ですねー。
そんな鯉太郎のため、空流部屋の兄弟子たちはそろって王虎対策のために特訓してくれることに。
「何で自分のためにそこまでしてくれるんだ」と戸惑う鯉太郎。しかし兄弟子たちや椿たちにとっては鯉太郎は家族なのだから当然!
その気持ちに胸を打たれる鯉太郎の表情がまた、いい!
もともと自分の身内に対しては素直になれていた鯉太郎ですからね、古臭いかもしれないけど、こういうところにぐっとするところは好きだなあ。

こうして見てるほうもすさまじいテンションへと持ってこられたところで王虎といよいよ激突!
圧倒的な力の差をはね返すことが出来るのか!
王虎に必死に喰らいつく鯉太郎に燃えまくりながら4巻へ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック