【サッカー】6月三連戦終了。最悪のレフェリーとの戦いの末、オーストラリアとドロー!

2014W杯アジア最終予選(A) 日本 1-1 オーストラリア

…まあなんと言いますか、僕も長くサッカーを観てますがここまで怒りを覚えたレフェリーも久しぶりでしたね。
もちろん「オーストラリアに買収されている」とかいう意味ではなくそのレベルの低さに。
今回の主審・副審はサウジアラビア。内田のイエローとPKは完全にありえない感じでしたがおそらく観客のプレッシャーに負けたんでしょうね。その直前に何度か日本ゴール前でオーストラリアの選手がファウルを取ってもらえないことに対してやたらどよめいていたので。
で、その後のレフェリングはとにかく倒れたらファウル+警告みたいな感じでしたし。
正直この状況でよく引き分けで終われたと思います。
それにしても次のイラク戦、内田・栗原・今野が出場停止で吉田の負傷の情況次第では伊野波のパートナーが必要になりますね。ついでに本田も意味不明なイエローを一枚もらったので気をつけたいところ。

それにしても栗原がかなりすばらしい活躍を見せていたので出場停止はもったいない。得点も本田のアシストが見事だったとはいえ、いい位置にいてきっちり決めましたしねー。
あと本田もなぜかイエローをもらった場面は鬼気迫るチェイシングに魂が震えました。

こういうレフェリングとの戦いもまたアジア予選だと割り切るしかないのかもしれませんが、そのぶんホームでは圧倒的なプレッシャーを逆にかけてやりたいところですね。
なんにしても六月三連戦は2勝1分の勝ち点7と文句なし!
次のイラク戦までにきっちり準備をしてほしいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック