【DS】エストポリス プレイ記 #6

2周目、真のエンディングもクリア!

さて、1周目をクリアした後でアイリスがアレクディアスの意思で再び時間を巻き戻して最初からプレイ、という形で2周目になりましたがようやくそれもクリアしました。
1周目との違いはアイリスの内心の考えが描写されてることですかね。「ケンカするほど仲がいいカップル」を興味深そうに見ていたり、マキシムに対して微妙な感情を抱いていたり。これがルフィアへとつながっていくと思っていいのかな。
最終決戦ではディオス撃破後に虚空島落下を食い止めようとするマキシムとセレナの前に殺戮の神エリーヌとして立ちはだかり真のボスとして戦うことに。その結果、エリーヌは死んだ代わりにマキシムとセレナが生存するという新しい未来が生まれました。
エンディングで世界を飛んで回る魂がマキシムとセレナではなくアイリスの魂だったり、ティアの涙がうれし泣きに変わってたり。最後にマキシムとセレナは息子のラルフと再会出来ましたしね。

前回も書きましたが、「エストポリス伝記Ⅰ」の続編ではなく、ちゃんと「エストポリス」単体として完結させたという印象ですね。これはこれでちゃんとハッピーエンドの未来が描かれたのでありなんじゃないかと思います。というかけっこういい終わり方でした。

ただゲームシステムはもう少し改善して欲しかったかなあ(笑)。アクションRPGなのはそれはそれで楽しくていいんですが、雑魚敵の攻撃がいやらしすぎて楽しさよりストレスがたまったり、ボスに攻撃するタイミングが限られすぎてたりってのはやはりちょっといただけない。
続編が出るかどうかはわかりませんがこの辺がもうちょいまともならもっと評価されたかも。

とはいえやはり「エストポリス伝記Ⅰ」のリメイクは見てみたい!
個人的にはストーリーはこちらの方がより思い入れが強いので。メイン4人(主人公・ルフィア・アグロス・ジュリナ)のキャラ変更だけはやめて欲しいですけどね(笑)。

3DS購入を機にようやくプレイすることが出来たDS版「エストポリス」。
なんだかんだで楽しめました!
END画面のマキシム・セレナ・ガデス・アイリス四人のイラストは感動しましたよ。できればもうちょい長い時間映して欲しかった(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック