【感想】映画「ダークナイト」

今さらながらに初めて視聴しました(笑)。

えー、「有名であっても興味がなくて見たことがない」という映画はけっこう多いんですが実は「バットマン」シリーズもそのひとつなんですよねー。アメコミヒーローもけっこう好きな作品はあるんですがバットマンに関しては第1作をテレビか何かで見たときにどうも合わなくてそれ以来スルーしてたんですが。
とはいえこの「ダークナイト」、大ヒットしたらしく評判もかなりいいというのは知ってたのでちょっとした気まぐれからBDをレンタルして視聴してみました。ただ後から調べたらシリーズ第2作目だったんですね。バットマンに対する説明も何もなく物語が進んでいくものだから設定がさっぱりわからなかった(笑)。バットマンがやたら頑丈なんでなんらかの超人なのかと思ってましたが一応鍛えてるだけの普通の人間ってことでいいのかな?
ストーリーはバットマンのヒーローとして悪党共をがんがんやっつけていくスカッとした展開かと思ったら想像以上に無力さを思い知らされるような流れでしたね。ジョーカーの狂気の前になすすべがなく正体まで明かさざるを得なくなる寸前まで追い詰められたり。ジョーカーの恐ろしさをゴッサム・シティの住人たちもとことん思い知らされていく過程はテロへの恐怖に近いものがあるかも。
2時間半もの長時間映画なんでけっこう腰をすえてみる必要はありましたがなるほどこれがバットマンなのかとようやく理解。意外にも「人殺しをしない」というルールを己に課してるんですね。それでいて市民や警察からは無法者呼ばわりされるのがやりきれない気もしますが。終わってみれば復讐者となったデント検事の罪をかぶり部下には去られと失うものばかり多い悲しみのヒーローですねー。あと作品タイトルの「ダークナイト」というのもバットマンのことだと映画のラストでようやくわかりました。ジョーカーの自称か何かかと見る前は思ってたので。

機会があれば続編や前作も観てみたいですね。
ダークナイト [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ダークナイト [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「ダークナイト」 悪意の増殖

    Excerpt: この物語には対立的な概念が繰り返し現れてきます。 善と悪。 光と闇。 表と裏。 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2014-12-14 20:57