【感想】模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG

ビルドファイターズの前作にあたるこちらもいい機会なので見てみました!

ガンダムビルドファイターズが盛り上がってますが、それ以前に製作されたこの「模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG」もレンタルしてみましたよ!
Gジェネに機体が出てるんですが本編を見たことはなかったのでどんな内容か詳しくは知らなかったんですよね。もっとも「ビギニング30ガンダム」は作品を知らない分イメージがついてないってことで自分でクリエイトしたオリジナル主人公パイロットの専用機体に勝手にして楽しんでましたが(笑)。

というわけで本編の感想を。
脚本はそういえばビルドファイターズと同じ黒田羊介なんですねー。ガンプラバトルとかの世界観はまた別物ですが。
15分アニメが3本という構成。このあたりも普通のアニメとはちょっと違いますね。
冒頭に主人公イレイ・ハルが父と友達のケンタと一緒にお台場ガンダムを見物にきているシーンから。これ僕も見にいったんですよねー。でかくてほんと感動しました。画像もこのブログに1枚だけ載せてました。

お台場ガンダム
http://42986506.at.webry.info/201109/article_25.html

そこでガンプラを自分で作ってみようと思ったハルは偶然購入した「ビギニングガンダム」を作ることに。まあ最後まで見るとこれは父親の策略だったんじゃないかなんて勘繰りたくもなりますが(笑)。
その後でケンタに連れられていったプラモショップでガンプラバトルの世界へと足を踏み入れることに。ただゲームの設定とかはビルドファイターズとはかなり違うんですね。ブラフスキー粒子が存在しないこともあってあれほど手軽にバトルできるわけではないようす。その辺の違いも面白かったですね。
ガンプラ好きのアイドルやバトルになると人格が豹変するビルダーとの戦いを経てガンプラ選手権に参加、ライバルとなったボリス・シャウアーとのチームバトルに挑むことになる、というストーリー。
とりあえずGジェネで機体だけ知ってたビギニング30やフォーエバーが動くところを見て、「ああこういう話だったのか」と理解しました。ケンタの白サザビーや「白式」なんてのもあったんですねー。
実はバンダイ社員の父親から密かに送られてきたビギニング30専用パーツでパワーアップ、ボリス相手に戦うシーンはかなり気合入ってて派手で燃えます。

ビルドファイターズのプロトタイプとも言うべき作品をしっかり確認できました!
模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2010-12-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック