【感想】機動戦士ガンダムUC episode 7「虹の彼方に」

アニマックスで放映されたユニコーン最終話の感想です。

1話からずっとアニマックスで視聴し続けてきたユニコーンもついに完結まで見届けることができました。
ラストだけあって戦闘シーンがすさまじく多かったですねー。ものすごい迫力でした。冒頭から30分近くの戦闘やフル・フロンタルのネオ・ジオング相手にユニコーンとバンシィのタッグで挑むところとか。

ストーリーもずっと語られてきたラプラスの箱の真実が明らかに。葬られた条文が当時はたいした意味がなくともニュータイプの出現によってとてつもない意味を持ってくるということだったわけですね。
故・永井一郎さんも最後まで演じられていたということはぎりぎり間に合ったんだなあ。

ユニコーンはとてつもないチート化してバンシィとともにサイコフィールドでコロニーレーザーを食い止めたりとすさまじい強さ。スパロボに出たらかなり期待できそうです。
フル・フロンタルはアムロやララァの霊が迎えに来て旅立っていきましたが、シャアの魂が乗り移っていたということなのかな?

これでサンライズはユニコーンからオリジンに移行するわけですね。冒頭の場面も流されましたし。ちょうど劇場でも公開され始めましたねそういえば。

ハイクオリティのユニコーンシリーズ、きれいに完結できましたがこの後もハサウェイのテロやクロスボーンなど物語は続いていくわけで。
いつかそれらが映像化されるといいなあ。
機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 7 [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2014-06-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 7 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック