【感想】うしおととら 1~13話

アニメ版うしおととら、第1クールの感想です。

7月から始まった「うしおととら」!
最近は古い名作がアニメ化してるのでその流れはいいですねー。しかも全39話も費やすとは驚きました。古い作品ですし2クールどころか1クールでも仕方ないと思ってたんですけどね。

さて今回の1クール目は、

第壱話「うしおとらとであうの縁」
第弐話「石喰い」
第参話「絵に棲む鬼」
第四話「とら街へゆく」
第伍話「符咒師 鏢」
第六話「あやかしの海」
第七話「伝承」
第八話「ヤツは空にいる」
第九話「風狂い」
第拾話「童のいる家」
第拾壱話「一撃の鏡」
第拾弐話「遠野妖怪戦道行~其の壱~」
第拾参話「遠野妖怪戦道行~其の弐~」

基本的に原作の一章を1話で消化していく形ですね。おかげで毎回違った雰囲気の話で新鮮な感覚で楽しめてます。
そこまで予算はないはずなんですけど頑張って作ってるのかほんとにすごいクオリティで毎回感心してます。さすが「はじめの一歩」1期や戦後編の西村監督ですね。
ついでにキャストがやたらと豪華。うしおは序盤はなんか変な演技に聞こえていまいちかなとも感じてたんですがどんどん馴染んでいってますねー。とらはさすが小山力也だけあって安心して聞けますが。そういえば「はじめの一歩」に出演してる声優もとらだけでなくかなり多いですね。

序盤は敵対しつつも仕方なく一緒に行動していたうしおととらがだんだん絆を深めていくというのが実に王道のバディ物ですね。しかしとらが愛嬌があってほんとにかわいいペットというか(笑)。ツンデレ妖怪っぷりがたまらない。麻子や真由子といったヒロインたちもほんとにかわいく描かれてますし。
あと僕自身東北旅行が好きなので仙台や遠野といった場所が出てくるだけでなんかうれしいなあ。
特にこの序盤の物語はどれも印象深いし重要なエピソードですよね。僕もこのあたりはものすごく記憶に残ってます。

2クール目からは伝承者編。3クール目は決戦に突入するって構成でしょうね。残り26話、これからもわくわくさせて欲しい!
【Amazon.co.jp限定】うしおととら 第1巻(全巻購入特典:「全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2015-09-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【Amazon.co.jp限定】うしおととら 第1巻(全巻購入特典:「全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック