【感想】映画「のぼうの城」

BS-TBSで放送されたのを視聴しました。

2012年に公開された映画「のぼうの城」、大ヒットして話題にもなってたんですが見たことはなかったんですよね。しかしちょうどBS-TBSで放送されたのでいい機会なので録画してから視聴しました。

フィクションかと思ったらちゃんと実話に基づく話だったんですね。秀吉の小田原攻めの際にたった一城だけさいごまで落城しなかった支城「忍城」。その城代となった「のぼう様」成田長親を主人公とした物語。
この辺の話は詳しくなかったんですけど甲斐姫とかわりと有名な人も登場してたんですね。

このところ戦国物と言ってもテレビ作品しか見たことがなかったのでこの「のぼうの城」はとにかく金がかかってるなあと感心というか感動しました。特撮のすごさもさることながら、兵士の数がほんとに多い。まあこちらも場面によっては特撮も使ってるんでしょうけどとにかくかなりのエキストラを動員してるんだろうなと画面を見るだけでもわかりますしね。ものすごい密度で兵士や農民がうようよしてるのはそれだけですごい。

キャストの方ものぼう様役に野村萬斎だったり配下の武将に佐藤浩市・成宮寛貴・山口智充を使ってるのでとにかく外見的にもキャラが立っててわかりやすい。三成方の尊大な武将・長束正家を真田丸で心優しい武田勝頼を演じて話題になった平岳大が担当してたのも面白い。
そういえば野村萬斎は水攻め破りの策として小舟の上で田楽踊りをしてましたが、あれよく考えるとすごいですよね。あんな不安定な場所でよくやれるもんだ。

それからこの映画では敵の総大将である石田三成が非常にいい描かれ方をしてましたね。己の美学というかとにかく素晴らしい戦をしたいと願い、敵にまでそれを求めるという。戦は下手でも人間としてはどこまでも誇り高い人物という扱いだったので好感度が高かったなあ。

最後は小田原城が開城した事を受けて忍城も開城しますがそれでもすがすがしいラストになってました。ただ甲斐姫を秀吉のもとに差し出せという二度目の要求を長親があっさり呑んだのはどういう心理なんだろう。もともと開戦したのは最初に要求されたときそれを突っぱねたからですが。この辺は最後まで語られなかったので原作小説を読めば描写されているのかな。


2時間半近い長い映画でしたがスケールもストーリーも素晴らしかった!
のぼうの城 通常版 [Blu-ray]
Happinet(SB)(D)
2013-05-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by のぼうの城 通常版 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック