【感想】聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話 10巻

氷の対決、氷河対ミストリア!

ついに10巻が発売! いやー、長かった(笑)。思えば前回の9巻の感想を書いたのはなんと2年前の6月。

【感想】聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話 9巻
http://42986506.at.webry.info/201406/article_20.html

ずいぶんと待たされたものだ。ほんとに10巻までの道のりは長かったですねー。今回の表紙は星矢と沙織。果たして星矢が目覚めるのはいつの日か。最後は主人公の活躍を見たいですけどねー。

さて10巻では確かチャンピオンで袋とじ掲載だったスペシャルエピソード2編が収録。青銅や黄金だけでなく地味に白銀聖闘士編のシャイナさんとジャミアンも登場してるのがポイントですね。ていうかまさかジャミアンが再び描かれる日が来るとは(笑)。

本編の方は一輝と獅子座のカイザーが対決! アイオリアとは対面すらしなかった一輝ですが先代とはいえようやく自分と同じレオと出会ったわけですね。しかしここまでの一輝の連戦はほんとに過酷すぎる。あえて反撃することなく自分の下へと進んでくる一輝を認めたカイザーはおそらく真央点を突いてその命を救う。ここまでの戦い、一輝は勝利こそないもののわりと格が落ちるような扱いになってないあたりはうまい描写ですね。

一方、幼女となった沙織と共に教皇の間を脱出したシジマの逃避行。デモンローズに阻まれた上に沙織はサマエルの毒によって瀕死の状態に。改心したカルディナーレに救われてなんとか切り抜けますがカルディナーレも蛇の群れに襲われて生死が気になるところ。そして蛇遣い座の黄金聖闘士はオデッセウスという名と判明。アスクレピオスの生まれ変わりと呼ばれた男だそうで。調べてみるとアスクレピオスというのは蛇遣い座のもととなったギリシャ神話の人物で名医として知られていたようですね。

そして過去から飛来した氷河は宝瓶宮で先代の水瓶座・ミストリアと対面!
相変わらず弁舌よりも実力を示さなければ説得されない聖闘士同士、当然ながら闘って己を認めさせる展開に(笑)。まあこの問答無用っぷりこそ車田漫画の良さなんですけどね。ただこの対戦はかなり注目してました。これまでこの時代の黄金聖闘士に対して一輝や紫龍たちは全力を出すのをためらう理由もあったとはいえ実力の違いを見せ付けられてきたわけですが。しかし氷河に関しては氷の聖闘士同士の戦いでなら負けるはずのない「絶対零度」に目覚めてますからね。どれだけミストリアが強かろうが本気で戦えば敗北はありえないはず。
そしてぶつかりあう最大奥義・オーロラエクスキューション!
結果は全力を出すのをためらった氷河の敗北。まあクールに徹することの出来ない甘さが氷河の欠点でもあり魅力でもあるわけですからね。水瓶座の黄金聖衣を絶対零度で凍結させられて氷河の実力を認めたミストリアはシジマから託された沙織を連れてオデッセウスの元へ向かうよう氷河に指示。

以蔵のもとにたどりついた氷河はここでも力を証明することを要求される。しかし聖域、いや全宇宙でも異変が起き始める! 

ミストリア「全ての銀河系の軌道が狂い始めているのだ!!」

……なんかさらっと書かれてますけどとんでもないスケールの話ですよね(笑)。無印ではハーデスが太陽系の惑星全て+月を動かして惑星直列を起こしてましたがそんなレベルじゃない。偶然なのかそれともオリンポスの神々の仕業なのか。
そしてついに蛇夫宮が聖域に出現しようとする予兆が!


というわけで最高に気になるところで続きは11巻ということになりますが早く先を読みたいものです。残る黄金聖闘士も蠍座・射手座そして蛇遣い座の三人となりましたしね。
今度は2年もかからないといいなあ(笑)。
聖闘士星矢NEXTDIMENSION 10 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)
秋田書店
2016-06-08
車田正美

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 聖闘士星矢NEXTDIMENSION 10 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック