【サッカー】最終予選第3戦、絶体絶命の状況から山口蛍の劇的決勝弾で勝利!

ロシアW杯アジア最終予選(H) 日本 2-1 イラク

UAEとの初戦にホームで1-2で敗れて最悪のスタートとなった日本。2戦目のアウェー・タイ戦では2-0で勝利したものの厳しい状況。この10月の2連戦ではイラク・オーストラリアと対戦。イラクには引き分けではなく勝利が求められますね。イラクに勝てないようだとハリルホジッチの解任がほぼ間違いないでしょうね。

スタメンは、

GK 西川
DF 酒井宏・吉田・森重・酒井高
MF 長谷部・柏木・本田・清武
FW 岡崎・原口

このところクラブで不調の香川がベンチ。左サイドバックは二日前に帰国した長友をそれでも使うのかとも危惧してましたが酒井高徳が引き続き出場。いい判断ですね。長友はオーストラリア戦ではスタメンで行くかも。
そして9月の2戦をけがで出場できなかった柏木がスタメンに。クラブでも好調の勢いを持ち込んでほしいですねー。
センターバックの吉田と森重はともにカードをもらってるのが不安材料。特に吉田はこの試合は警告なしで終わらせたい。
今回の主審は韓国人。国際関係的には犬猿の仲で代表戦でも荒れることが多いんですが、審判になると意外にもかなりフェアにさばいてくれるんですよね(笑)。ただ極東の試合に極東の審判を入れるというのもまたこの前のUAE戦とは別の意味で問題ではないかなあ。

前半。どちらかというとイラクにペースをやや握られている印象の序盤。原口もいまいち目立てない。前半26分、清武→本田→清武ときてクロスを原口がうまくヒールで流し込んで先制! 原口の2試合連続ゴール! それを演出した清武が見事でしたねー!
しかし28分にアクシデント。清武が胸を思いきりけられて担架に。しかしどうやら大丈夫なようで一安心。
ボランチの位置で柏木が緩急をつけてのいい組み立て。守備でもしっかり走ってますねー。このまま1-0で進めば山口が投入されるかもしれませんが。岡崎も良く走ってて90分持たなくてもいいという気合いを感じます。
そしてトップ下の清武の存在感がほんとに際立っている。ただイラクはほんとにいい守備をしてくるので油断は禁物ですね。試合終了間際には一本決定的な形を作られましたし。後半に決定的な追加点を決めて安心したいところ。

後半。やや優位に進めていた試合ですが15分にセットプレイからヘディングで決められて同点に。厳しい。
いまいち仕掛けられてないイメージがある日本。後半20分に酒井宏が予選2枚目のイエロー。そして柏木に代えて山口を投入。ボール奪取に期待したいですね。
後半28分、岡崎に代えて浅野を投入。勝ちに来ているイラクの背後のスペースを狙えるはず。
後半35分、本田に代えて小林悠。最後の勝負。
終盤は吉田が前線に張り付いてパワープレイ。かなり効いている。そしてアディショナルタイムに入って吉田が倒されてコーナー付近でフリーキック。清武のキックが跳ね返されたところを山口が抑えた最高のダイレクトシュートで劇的な決勝点! しかもこの日はなんと山口の誕生日だったという(笑)! もってるなあ、まさに救世主ゴールですねー!
ベンチも全員飛び出してきて歓喜のゴール! いい雰囲気が生まれたなあ。

本当に、本当に劇的な勝利でした! これだからサッカーは最高だ。久しぶりにほんとに燃えましたよ。ハリルホジッチもぎりぎりのこの場面で勝利を得たのは持ってるのかも。引き分けなら解任やむなしと思ってましたからねー。
これでオーストラリア戦は引き分け、最悪でも1点差負けなら次につなげられると思います。もちろん勝てれば文句なしですけどね。
試合終了直前まですさまじい闘志を見せた原口、終盤に体を張り続けた吉田、決定的な仕事をしてのけた清武、そして最高のゴールを決めた山口!
世代交代も進んできてるなあ。吉田も年齢的にはロンドン組に近いですしね。

次はアウェー・オーストラリア戦。この勢いで勝利をつかめ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック