【サッカー】チャンピオンシップ第1戦、浦和がアウェーで先勝!

明治安田生命2016JリーグCS決勝第1戦 鹿島(H) 0―1 浦和

1stステージ優勝の鹿島と2ndステージ優勝の浦和によって争われるチャンピオンシップ決勝。年間勝ち点では浦和が15もリードしてますがそういうレギュレーションだからしかたないですね。Jリーグでもっとも結果を残している伝統の鹿島か、はたまたJリーグで最も多くの観客を呼ぶことのできる人気の浦和か。盛り上がる屈指のカードですねー!
チャンピオンシップは復活からわずか2年で終了ですが地上波ゴールデンタイムでこういうビッグマッチを放送できる機会は来年も考えてほしいものです。

スタメンは、

●鹿島
GK 曽ヶ端
DF 西・ファンソッコ・昌子・山本
MF 小笠原・永木・遠藤・中村
FW 金崎・土居

●浦和
GK 西川
DF 森脇・遠藤・槙野
MF 阿部・柏木・宇賀神・駒井・武藤・李
FW 興梠

浦和は関根がベンチですね。駒井が絶好調なのと左サイドの守備を考えて宇賀神という組み合わせなのかな。関根は両サイドできるのでこの二人が負傷した時に使えますしね。
鹿島は川崎戦からファブリシオを中村に代えただけですね。

前半。浦和の試合勘がどう影響するかと思われましたが序盤は互いに失点も得点もなく進む。両チームとも守備がいいですねー。集中して厳しくいってるのでそう簡単にボールをつながせない。決定機を作りつつも得点は生まれず0-0で前半終了。

後半。かなり激しい試合になってくる。後半10分、興梠が倒されてPKを獲得。キッカーは阿部。曽ヶ端の動きをしっかり読み切ってど真ん中に蹴りこむ! 浦和先制! アウェーゴールという意味でも大きい。
後半16分、鹿島は中村に代えて柴崎。後半22分、浦和は駒井に代えて関根。どちらも怖い選手を投入。
後半28分、浦和は武藤に代えて青木。後半34分、鹿島は遠藤に代えてファブリシオ。浦和も興梠に代えてズラタン。
後半43分、鹿島も最後のカード。小笠原に代えて伊東。
アディショナルタイムは5分。鹿島も攻めますが守備が安定している浦和は最後まで集中力を切らさずにきっちり完封。

チャンピオンシップ第1戦はアウェーの浦和が1-0で勝利!
これで年間勝ち点1位の浦和は0-1で負けても優勝が決まることに。鹿島は優勝するためには2点を敵地でとることが絶対条件に。苦しくなりましたねー。2-1ならアウェーゴールで逆転優勝できますが。

土曜は最後の決戦。満員の埼玉スタジアムでの試合が楽しみです!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック