龍が如く6 命の詩。 プレイ記 #3

画像
第4章に突入。広島・尾道仁涯町へ。

いよいよ本格的にゲームを開始しました。遥の父親の手がかりを求めて桐生は尾道仁涯町へ。5と違ってほんとにさびれた町なんで雰囲気が全然違いますねー。ただこっちのほうが旅してる気分が味わえてむしろ新鮮味がある。夜になると店が閉まってしまうというのも神室町とは正反対。

しかし遥の息子というハルトを連れて行動しているので大変だ。ハルトがむずかったときにあやしてやらねばならないんですがこれがまためんどくさい。しばらく操作しなければ何をしてほしいのかわかるんですが身振りとかをよく見てると理解できるようになるのかな。子育ての苦労がよくわかるゲームだ(笑)。

ストーリーではスナック清美でママをしている清美と知り合ったことでトラブルにさっそく巻き込まれることに。清美にほれてる広瀬組若頭の南雲に何度も絡まれ続けたものの、上の組織である舛添組から助けたことで兄貴と呼ばれて慕われる羽目になることに(笑)。ほんとに桐生は漢気があるというか危機に陥ってる人間をほっとけない性分だなあ。
さらにビートたけし演ずる広瀬一家総長の広瀬徹も登場しましたが果たしてどういう役割をこのゲームで担うのか。戦うことは間違いなくあるでしょうけどねー。

それからプレイして感じるのはもうちょっと詳しいゲームの説明書が欲しいというか。なんか仕様が変わりすぎていていろいろわかりづらいなあ。あとマップもパッと見ただけだとどこに何があるのかとかいまいちわからないんですよね。タクシーとか。

とりあえずこの調子であまり寄り道せずにストーリーを進めていくつもりです!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック