【感想】頭文字D THE MOVIE (実写版)

アニマックスで放送された実写版(香港製)を視聴しました!

テレビシリーズと新キャストによる映画版はアニマックスですべて視聴しましたが、さらに去年の12/4にはなんと実写版まで放送されたんですよねー。2005年に香港で作られた映画らしいんですが録画してたのでようやく視聴しましたよ。

監督のアンドリュー・ラウは僕も「風雲 ストームライダーズ」とか見たことがあるので知ってました。あと登場人物はそのまんま日本人設定で香港や台湾の俳優が演じてるんですがこれなら違和感ないですね。というかかなりいい役者をそろえてるなあと。
主人公の藤原拓海を演じてるのはジェイ・チョウという台湾の俳優だそうですがほんとにいい雰囲気出してます。漫画よりはもうほんの少しナイーブな感じですけど独特の存在感というか。

ストーリーはアニメで言うと1期と2期あたりを再構成して1本の映画にしてるので啓介がいなかったり涼介の友人キャラに中里がなってたりとかいろいろ変更もありますがわりとうまくやれてるんじゃないかと。あと拓海の父である文太はちょい悪親父みたいな感じだったり。それと樹がコミックからそのまま飛び出してきたかのようないいキャラしてますね(笑)。コミカルなシーンで物語の癒しになってました。
そしてヒロインのなつき役は鈴木杏が演じてたんですがめちゃくちゃかわいくてこれは拓海でなくてもメロメロになってしまうだろうなあ(笑)。しかしまさか援助交際設定をそのまま使うとは思わなかった。実写のぶんアニメよりショックが大きいというか。

バトルのほうは中里と初戦、ラストは拓海・涼介そしてランエボの須藤京一と3人でバトル。CGではなく本当に実車でレースしてるのでリアルでしたねー。欲を言えばアニメのようにユーロビートが流れたらもっと興奮できたかも。


でもカーレース物としても青春ムービーとしてもほんとによくできてたんじゃないかな。こういうのもまた新鮮でいいですねー。
頭文字<イニシャル>D THE MOVIE ブルーレイ 期間限定スペシャルプライス版 [Blu-ray]
エイベックス・ピクチャーズ
2009-12-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 頭文字<イニシャル>D THE MOVIE ブルーレイ 期間限定スペシャルプライス版 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック