【感想】ジョジョの奇妙な冒険 第3部 1~12話

第3部「スターダストクルセイダーズ」、1~12話までの感想です。

2014~15年にかけて放送されたジョジョの奇妙な冒険・第3部(全48話)ですが実はまだ見てなかったんですよね。しかしながら最近録画してた4部のエピソードを見てたらなんだか無性に3部が見たくなったという。で、ちょうどアニマックスで放送がスタートしたのでちょっと録画して見始めましたよ。平日に2話ずつなので一週間で10話見られるというのもいい。

で、感想ですが。面白い! いやー、こんなに面白かったのかとちょっとびっくり。もちろん原作は全部読んでますしOVAやゲームなんかもいくつかプレイしてますけどね。ただ「3部ってこんなに面白かったっけ?」とちょっと戸惑うくらいで(笑)。一気にまとめて視聴できるのもこの際はプラスになってました。土日で気づいたら10話消化してましたよ。エジプトまでの前半を24話、エジプト編を24話で描いてるようなので12話ずつ感想を書いていこうかと。

今回のエピソードは、

第1話「悪霊にとりつかれた男」
第2話「裁くのは誰だ!?」
第3話「DIOの呪縛」
第4話「灰の塔(タワー・オブ・グレー)」
第5話「銀の戦車(シルバーチャリオッツ)」
第6話「暗青の月(ダークブルームーン)」
第7話「力(ストレングス)」
第8話「悪魔(デビル)」
第9話「黄の節制(イエローテンパランス) 」
第10話「皇帝(エンペラー)と吊られた男(ハングドマン) その1」
第11話「皇帝(エンペラー)と吊られた男(ハングドマン) その2」
第12話「女帝(エンプレス)」

ジョセフが漫画だとあまり若いころと顔が似てるという印象はなかったんですがアニメだと同一人物が年を取ったのがはっきりわかりますね。目の輝きというか力強さとかが特に。声優も杉田智和から石塚運昇に交代してますが違和感がない。いいキャスティングですねー。
あと承太郎役の小野大輔もかなりいい。かっこいいだけでなく若さを感じさせてくれるのでかなり好感持てます。
それから敵役のスタンド使いの声優もやたら豪華ですねー。ストレングスのオランウータンを山口勝平が演じてたのには笑いましたが(笑)。

原作でもこのハングドマンとの戦いあたりまでは2部の熱気がかなり感じられてすごく好きなんですよね。このあとからだんだんスタンドバトルとして違う作品へと移行していった印象ですが。


このいきおいでアニマックスでの放送を録画していってのんびり視聴していくつもりです。
ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.1 (第1話絵コンテ集、ラジオCD付)(初回生産限定版) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-07-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.1 (第1話絵コンテ集、ラジオCD付)(初回生産限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック