【感想】映画「楽園追放 -Expelled from Paradise-」

水島精二監督、虚淵玄脚本のオリジナル映画、地上波初放送ということで視聴しました!

2014年11月15日に公開されたというこの映画、上映館数も少なく短期間だったにもかかわらずかなりの興行成績を上げたということで当時ちょっと話題になってましたよね。これまで見てはいなかったんですがTOKYO MXで地上波初放送とのことなのでちょっと見てみることに。

映像のほうはフルCGアニメだそうですけどまるで違和感なかったですね。いずれはこれが普通になるんだろうなあ。声優のほうは水島監督作品によく登場する人で固めてますね。主人公のアンジェラ・バルザックは釘宮理恵ですがわかりやすすぎるツンデレキャラでむしろ一周回って新鮮(笑)。相棒のディンゴは三木眞一郎。相変わらず射撃のうまいキャラを担当してるなあ。

最初は世界観とかまったくわからなかったんですがとりあえずアンジェラがエロい身体なのでそれを見てたらなんとなく退屈しないという(笑)。見てるうちにアンジェラは宇宙で生きる電脳世界の住人ということもだいたい把握。身体を自由に取り換えたりそもそも身体が必要なかったり。そういうアンジェラと地上に生きる生身の人間であるディンゴがコンビを組んでミッションに挑むという話ですね。アンジェラは16歳の肉体を使ってますけど実際は20代のようで。
電脳世界で生命活動をできるというのも水島監督の「ガンダム00」に出てくるイノベイドを思い出しますね。そこらへんはやはり同じ監督の作品なんだなあと。

人間のようになったAIのフロンティアセッターが銀河に旅立つのを手助けするためアンジェラとディンゴが最後の戦いをする、というようなストーリーでしたがわりと流れの理解があいまいなまま見てました(笑)。ただラストバトルはほんとに派手でぐりぐり動いてすごかったですねー。眼が追いつかない。


ディーヴァという楽園から追放されて生身の身体で生きていくことを決めたアンジェラ。大変ですけどディンゴと楽しくやっていけそうですね。


楽園追放 Expelled from Paradise【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス
2014-12-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 楽園追放 Expelled from Paradise【完全生産限定版】 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック