【感想】劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-

レンタル開始されたので視聴しました。

今年公開されて大ヒットした映画「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」ですが、観に行こうかどうしようか迷ったまま結局行かずじまいだったんですよね。まあ最大の理由は原作もアニメもほとんど見たことがないということで。以前放送した総集編スペシャルの「ソードアート・オンライン Extra Edition」を見たことがあるくらいですね。と言ってもさすがに有名な作品なのである程度の内容は知ってましたけど。

そうこうするうちに上映も終わってしまったのでレンタル開始したら見てみようかと思ってたらなんとBD発売よりも2週間も早くレンタル開始。これはまた思い切ったことしますねー。とはいえDVDしかレンタルに出てなかったから見た人が購入してくれると期待してのことなのかな。
それとこの映画の冒頭10分くらいが確かPS Storeで前に公開されてたのでそこだけはダウンロードして視聴したことはあります。


と言うわけで本編。
やっぱりテレビシリーズ見てないとわからないことが多すぎですね。キャラとかほとんどわからないですし。まあでもわからないなりに話にはちゃんとついていけました。メインがキリトとアスナで二人の関係に絞られてたんでシンプルでわかりやすかったですしね。
映像のほうはDVDとはいえけっこうきれい。ただやはりこれを見るとBDのほうが見てみたくなりますから早期レンタル解禁ってのは正解かもしれませんね。

AR(拡張現実)の世界でゲームを楽しむというのは実際に将来ありそうで面白いテーマでしたね。ただこれだと身体能力が必要なのでプレイする人間と敬遠する人間ではっきり分かれそうですけど。オーディナル・スケールの罠によって恋人のアスナが記憶を奪われ、それを救うためにキリトが戦うという話。前半は傍観者でしたけど後半は無双でランキング1位に上り詰めるあたりはさすが主人公。

俳優の井上芳雄・神田沙也加・鹿賀丈史がゲストとして参加してますけどやっぱりこの人たちは本職声優とは違う独特の存在感のある声してますねー。アニメっぽくないというか。うまいので安心して聴くこともできました。特に神田沙也加は歌もうまいし今後もアニメで使われるでしょうねー。


わりと休憩することもなく通してみることができました。オールスター的な作品ぽくもあったのでテレビシリーズしっかり見てたらもっと楽しめたかも。また機会があったら見てみたいですね。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック