【サッカー】セネガルとの激闘はドロー! GL突破を賭けて最終戦に!

2018W杯グループH第2戦 日本 2-2 セネガル

第1戦でコロンビア相手に勝利して最高のスタートとなった日本。開始早々にPKに加えて相手が退場という信じられないようなラッキーに恵まれたわけですがそれをちゃんと生かし切ったのは素晴らしい。流れは日本と言えるのでこれはもうそのまま勢いを殺さず突き進むのがベスト。運が良ければベスト8も狙えるかもなんて気の早い欲望も生まれますね(笑)。
初戦の勝ちで手の平を返す行為を批判する人もいますがサッカーは結果が全てなので結果を出したらむしろ全力で手のひらを返してやればいいんだと思います。南アフリカでカメルーンに勝った時みたいに「あんなサッカーに未来はない」などとケチをつけて「自分たちのサッカー」へと悪しき誘導を行なった評論家とかのほうがよほどおかしい。もちろん今回の監督交代はただのギャンブルであってそれに関しては批判されるべきだというのは僕も変わらないですけどね。

ただ、まだ1試合終わっただけですからね。一番相性の悪い南米のチームに勝ったとはいえ残るセネガルとポーランドも強敵なのは変わりない。しかしここまで来たら快進撃して日本の英雄になる意気込みで戦って欲しいですね。

スタメンは、

GK 川島
DF 酒井宏・吉田・昌子・長友
MF 長谷部・柴崎・乾・原口・香川
FW 大迫

コロンビア戦と全く同じ。勢いを継続することを考えれば間違ってないですね。戦術家のハリルホジッチなら相手によって選手も変えていったでしょうけど果たして。

前半。入りは悪くないですけどちょっと押されてるかな。前半11分、左→右と振られて川島のパンチングがマネに当たって早くも失点。うーん、仕方ないとはいえパンチングの方向が悪かったかな。ちょっと苦しい。
その後もやはり押し込まれる展開。追加点を決められてしまうと試合が決まってしまうので粘りたいところ。
しかし前半33分、左サイドでボールを受けた長友からのパスを乾が決めて同点! 苦しい試合展開だったのでこれは大きい。
これで互角に近い戦いになり前半終了。粘り続ければアフリカのチームは集中切れてくることが多いのでそれを狙いたいですね。

後半。やはり押されてるのは変わらないもののきっちり守っている日本。セネガルの荒いファウルも増えてきて怖い。
後半25分、サイドから崩されて追加点をセネガルに奪われてしまう。厳しいなあ。
その直後に香川に代えて本田を投入。何かを変えられるか。同点に追いつくのがベストですけどさらなる追加点だけは絶対に避けないと。
さらに後半30分、原口に代えて岡崎。勝負をかけてきましたね。
後半33分、乾の折り返しを本田が決めて同点! 采配が当たりましたねー。本田はこれで三大会連続4点目のゴール。すごい。
後半42分、乾に代えて宇佐美。最後の勝負ですねー。

アディショナルタイムは4分。これも互いに譲らず同点のままタイムアップ!
二度もリードされながら追いついたのは大きいですねー。日本サッカー史に残る名勝負の一つになったかな。これで日本とセネガルはともに勝ち点4。次のコロンビアとポーランドはできれば引き分けてくれるのがベストかな。

いよいよ最終戦のポーランドとの試合で三度目の決勝トーナメント進出できるかが決まりますね。ここまで来たら絶対に突破してほしい!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック