【感想】トップをねらえ!&トップをねらえ2! 合体劇場版!!

画像
「トップをねらえ!」劇場公開版、Netflixで視聴しました。

「トップをねらえ!」のOVA版ははるか昔に見たことはあるんですけどはっきりいって内容はよく覚えてなかったんですよね。どちらかというとスパロボでのほうがよく知っているというかそちらのイメージのみで刷り込まれてたかも。というわけで特に思い入れはなかったんですよね実は。
それが最近、ソーシャルゲームの「スーパーロボット大戦X-Ω」をプレイし始めたんですけどそこに出てくるサンタ衣装のノリコがやたらかわいくて(笑)。
画像
通常のコンシューマ版スパロボだと暑苦しいがさつなヒロインのイメージだったのでちょっととまどってしまい、久々に本編を視聴してみたくなったんですよね。
で、ちょうどNetflixで「トップをねらえ!&トップをねらえ2! 合体劇場版!!」が配信されていたので視聴することに。「トップをねらえ2! 」のほうは見たことなかったのでこれもいい機会ということで。


〇トップをねらえ!

まずは第1作目。いやー、めちゃくちゃ面白かった!
宇宙怪獣の大軍勢相手に人類の存亡をかけてガンバスターで戦いを挑むタカヤ・ノリコとアマノ・カズミの物語。二人の設定は名作テニス漫画「エースをねらえ!」をそのまんま持ち込んできてるオマージュ作品ですけどそれにとどまらないスケールのすごい話でした。

まず音楽の良さがすごく印象的でしたねー。誰かと思ったら田中公平か。なるほど納得。とにかくものすごく盛り上がる曲ばかりでわくわくしてましたよ。ロボアニメの王道的な燃える展開ばかりで興奮しまくってましたよ。

それからキャラクター原案は美樹本晴彦だけあってキャラがやっぱりものすごく魅力的ですねー。そして本編を見てみるとやっぱりノリコはかわいかったですね。何というかスパロボの先入観からようやく解放されたかも(笑)。ガンバスターに乗ってからの戦闘モードのときしか記憶になかったから勘違いしてたんですね。

それと庵野秀明初監督作品だったらしいですけど のころから作風は変わってないんだなとも(笑)。会議のシーンがやたら多かったり登場人物にいちいちテロップを入れたりとか。そのへんも今見るとかえって面白かったですね。


〇トップをねらえ2!

こちらは全くの初見。以前スパロボに参戦してたのは覚えてますがストーリーとかは記憶にほとんど残ってなかったですね。ただ前作ではバスターマシン3号までが存在していて今回の主人公はバスターマシン7号なので未来の話なんだろうなとは。

で、実際に見てみると前作とはかなり雰囲気が変わっててさらに数千年だの1万年だのと前作での出来事を語ってるのでひょっとしてこれは前作のラストの時代ではとさすがに気づきました。
主人公のノノの正体はバスターマシン7号ではるか昔に作られてたんでしょうね。間の4~6号も他のメディア展開で出てきてたみたいですね。しかし真の姿のダイバスターとかスパロボやってたのに完全に忘れてた(笑)。

ストーリーの雰囲気は前作よりもどっちかというとグレンガランとかに近いものを感じたかも。とはいえ前作を知ってると楽しめるネタが満載でしたね。ノノの「お姉様」ラルクがバスターマシン19号に乗り込むときの衣装がノリコたちが来てたハイレグブルマだったり。
最後はうまく前作のラストシーンと繋がって2本合わせてきっちり締めたなあと感心。


というわけで合体劇場版、楽しませてもらいました。これでまたスパロボで操作する楽しみが増える(笑)。あと昔の作品ながらNetflixだったので画質がかなり良かったのも評価できますね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック