【感想】映画「海賊とよばれた男」

金曜ロードSHOW!で放送された「海賊とよばれた男」、録画してたのを視聴しました。

9/28に地上波で放映されたこの映画、いつか見たいとは思ってたので録画はしてあったんですよね。で、ちょうど時間ができたのでいい機会だし見てみようかと。長い映画みたいだしCMを区切りにちょっとずつ見ていこうかと思ってましたけど思いのほか面白かったので一気に見てしまった(笑)。

ちなみに同じチームで作った「永遠の0」も去年レンタルで視聴してます。

【感想】映画「永遠の0」
https://42986506.at.webry.info/201707/article_12.html

さてこの映画、戦後にイランとの石油貿易をイギリス海軍の妨害を振り払ってなしとげた「日章丸事件」がメインかと思ったらそれは1エピソードに過ぎなかったんですね。出光興産創業者をモデルにした国岡鐡造の半生を描いた映画でした。

石油を商う「国岡商店」を立ち上げた国岡が最初は大手の妨害にあって商売さえできない中で漁船に直接船で油を売りに行くやり方で「海賊」なんて呼ばれるように。タイトルはここからだったんですね。
その後は満州鉄道での取引などビジネス映画って感じで面白かった。敗戦後も何度も逆境に陥りながらも乗り越えていき、クライマックスの日章丸事件へ。この事件はもっと絶体絶命の危機の連続みたいな話かと思ったら意外とあっさり終わりましたね。

最後は晩年が描かれますが離縁された最初の妻が実は子供が出来なくて自分のために身を引いたという真実を知ることに。何のために出てきて別れてしまったんだろうと思ってたらこういうことだったんですね。跡取りを産めないから離婚ってのも時代を感じさせられますね。

地上波だとカットされてる部分も結構あったのかもしれませんがいい映画でした。しかし去年は「関ヶ原」も劇場に観に行きましたし岡田准一の主演映画を気が付けばたくさん見てるなあ(笑)。
海賊とよばれた男(完全生産限定盤) [Blu-ray]
Sony Music Marketing inc. (JDS) = DVD =
2017-07-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック