【感想】古見さんは、コミュ症です。 10巻

二年生編開始! 新キャラ、万場木さん登場!

【感想】古見さんは、コミュ症です。 1巻
http://42986506.at.webry.info/201803/article_6.html
【感想】古見さんは、コミュ症です。 2~4巻
http://42986506.at.webry.info/201803/article_7.html
【感想】古見さんは、コミュ症です。 5~7巻
http://42986506.at.webry.info/201803/article_8.html
【感想】古見さんは、コミュ症です。 8巻
http://42986506.at.webry.info/201803/article_23.html
【感想】古見さんは、コミュ症です。 9巻
https://42986506.at.webry.info/201806/article_18.html

9巻は紙の単行本から4日で電子書籍が配信されたのに今回はまた2週間以上待たされるとは。もっと早く配信してくれサンデー!

さて、この10巻からは2年生編に突入。只野くん・なじみ・片居くん・成瀬くん・米谷くんが同じクラスになったものの女子は誰も同じクラスに入らず。古見さんいきなり試練ですね。

しかしまるで過去の自分のようにクラスでボッチ状態を苦しんでいたガングロギャル・万場木留美子と友達になることに。これまで古見さんはいろんな人と広く浅く付き合ってましたけどこの万場木さんはこれまでと違う親友キャラになるのかもしれませんね。古見さんが自分から友達になって欲しいとしかも声を出して伝えるシーンが実にいい。

そしてこの10巻からのポイントは只野くんを挟んで古見さんと万場木さんの三角関係が起きそうな気配がしてることですね。古見さんの家に万場木さんがお泊りするエピソード、雑誌で読んでたときに一番驚いたのは古見さんが只野くんのことをはっきり「好き」と自覚してたことなんですよね。修学旅行の時は好きというのがどういう感情かわからないみたいだったのでそのまま引っ張るのかと思ったらもうそれはとっくにクリアしていたという。ここから古見さんがどう動くかというのがほんとに楽しみなところですね。もちろん只野くんのほうも。

一方でなんと万場木さんも自分のきらきらを気にせず掃除してくれた只野くんを気になりだしているという。まさかクラスの美少女二人から好意を向けられることになるとは中学時代とはえらい違いだ(笑)。ただ、どう考えても万場木さんに勝ち目がなさそうなんでどういうふうに落としどころを持っていくんでしょうね。せっかく友達になったんだしこじれることなく終わって欲しいところ。

ここから二年生編、どんな学生イベントを消化していくのか楽しみですねー!

古見さんは、コミュ症です。 (10) (少年サンデーコミックス)
小学館
2018-09-18
オダ トモヒト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック