【感想】キャプテン翼(2018年版) 23~28話

画像
小学生編完結! 南葛SC対明和FCの決勝戦!

【感想】キャプテン翼(2018年版) 1~9話
http://42986506.at.webry.info/201805/article_30.html
【感想】キャプテン翼(2018年版) 10~13話
https://42986506.at.webry.info/201806/article_21.html
【感想】キャプテン翼(2018年版) 14~22話
https://42986506.at.webry.info/201808/article_23.html

28話かけて描かれたキャプテン翼小学生編も完結。全体的にいい出来のリメイクだったので今後も楽しみですね。とはいえさらに演出の迫力とかはパワーアップしてくれるものと期待しています。原作のあの誌面から炎を発しているかのようなエネルギーの再現を追及していって欲しいもの。

さて、今回の小学生編決勝・南葛SC対明和FCですが試合中に翼と岬が足を負傷、さらに若林も足のけがを再発ととんでもない逆境に見舞われてしまうわけですが。
ただ冷静に考えるとむしろこのくらいのハンデはあってしかるべきなんですよね。そもそも1年前に全試合無失点で全国制覇した日本ナンバーワンプレイヤーの若林と修哲カルテットの5人がスタメンにいるわけで。そこにフィールドプレイヤーとしては日本で5指にはいるであろう翼と岬までいて、さらに南葛市の優秀な選手を集めたオールスターチーム。一方で明和FCは実際は単なる明和小学校サッカー部にすぎないんですから。これくらいの状況でようやく互角の条件になるといえるかも。若島津も優秀なGKですけど若林には実績でも劣りますし4年生のタケシは岬程の実力はないですからね。

それから今回のアニメのキャストですけど、日向役の佐藤拓也はすごく好きな声優ではあるんですが最初のころはまだちょっと違和感があったんですよね。JOJOのシーザーとかガンダムビルドファイターズのメイジン・カワグチとかどちらかというとキザ男を演じてるイメージが僕の中でついてたからかもしれませんが、ちょっとワイルドさが足りないと。ですがこの決勝ではほんとにいい演技してて完全にその違和感は消え去りましたよ。試合中に日向の内面がしっかり描かれたことも大きいのかも。これで中学生編がますます楽しみになりました。日向はもう一人の主人公ともいうべきポジションになりますからねー。

声優と言えば僕は若林に関してはそこまで思い入れはないんですけどなんか今回はかなり彼にも感情移入してみることができたのが我ながらちょっと意外。鈴村健一がこれまたいい演技してたおかげかもしれませんね。熱くてかっこよかった。声で言えば若島津も梅原裕一郎がいい声してるんでこれまたかっこいい。

キャラに関して言えばタケシってこれまであんまりすごい選手というイメージはなかったんですけど今回改めて見直すとほんとにいい選手だなあと。必殺シュートはないしメインキャラで最年少というハンデはありますがいい仕事してる。なんというかサッカーIQの高い選手ですね。テクニックもあり状況判断に優れてるしで僕が監督ならスタメン11人の中に必ず入れておきたい選手かも。
あと日向が間違ってるときははっきり意見もできますし岬をけがさせても不可抗力だから遠慮はしないという切替の早さもある。日向の「必ず勝つサッカー」を日向以上に体現できてる選手かもしれませんね。

試合は前後半では2-2、延長でも決着はつかず再延長後半に南葛が2点取って4-2で優勝!
決勝点となった3点目は石崎のクロスを岬が囮になって翼が決めるという南葛小トリオの見事な連携でした。石崎はほんと大舞台に強い男ですね。決勝では必ずいい仕事をする。
そして最後の4点目は翼が一人で明和全員を抜き去ってのゴールという超スーパープレイを見せましたね。それまでの3点は偶然のツインシュートとか連携によるものだったりしましたがこのゴールは「サッカーの天才・大空翼がついに覚醒した瞬間」と言えるかも。世界ナンバーワンプレイヤーへ至る最初の伝説かもしれませんね。

ただ、この試合に関して言えば南葛が日本一のチームであることは証明できたものの大空翼個人が日本ナンバーワンプレイヤーという証明には至ってないかも。ケチをつけようはあるんですよね。上にも書いたように翼と日向を抜くとチームメイトの質は明らかに南葛のほうが明和より上だし、最後の勝負で日向に勝ったとは言っても60分通してだとケガのせいはあるとはいえやや劣勢だったのは確か。終了間際の日向のシュートもタックルに行ったのに間に合わず防いだのは若林と岬の活躍によるものでしたからね。「強いチームにいたから勝てただけ」と言われる可能性はある。
だからこそ「若林と岬抜きでも日本一になれる」ということを証明する必要があるわけでそれが中学生編へと繋がっていくわけですね。

そして次からはいよいよ中学生編に突入!
ロベルトにブラジルへ連れて行ってもらえなかった翼は南葛中で全国制覇V3に挑むことに!
岬は転校、若林はドイツ、浦辺・岸田・中山・西尾は大友中へとばらばらに。
ライバル日向は若島津・タケシと共に名門・東邦学園中等部に!
若林のニュースを調べる片桐も登場してましたが記事から推測するにJrユースはU-17日本代表という扱いになるのかな。

二度目のアニメ化だった「キャプテン翼J」では中学生編はカットされましたし3度目の時はダイジェスト。しっかり描かれるのは最初のアニメ化以来なので楽しみですねー!
僕はキャプテン翼の中で中学生編が一番好きなので期待してます!
キャプテン翼 Blu-ray BOX ~小学生編 下巻~ (初回仕様版/3枚組)
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-12-12

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック