【サッカー】J1の2018シーズンが終了しましたね。

優勝は川崎。最後の残留争いもし烈でした。

一足早く優勝を川崎が決めていたJ1ですが2位以下はまだまだわからない状況。ACLプレーオフ出場権のかかる2位と3位の争いがありましたからね。降格は柏と長崎が決まってましたが残る昇格プレーオフへ行く16位からの脱出も見どころ。

結果は後半戦に失速したもののなんとか2位は守った広島。そして鹿島も3位に。残念ながら札幌は4位でしたが鹿島が天皇杯で優勝すればプレーオフに繰り上がりますね。

一方で残留争いは15位と16位だった湘南と名古屋は2-2の引き分け。気づけばなんと12位から16位まで勝ち点41で並ぶというすさまじいことに。そして磐田は川崎相手にアディショナルタイムにオウンゴールで敗北、プレーオフに送られるということに。

いやー、毎年のことながらJリーグはどのカテゴリも激戦ですよね。磐田はこれからJ2で勝ち上がってきた横浜FCと東京ヴェルディの勝者とホームで対戦することに。正念場ですねー。ただたった一試合しかしなくていいというのはちょっと恵まれすぎてるので来年からはJ1の16位も準決勝から闘うことを希望します。

明日でJ3も終わり今年の日本サッカーももうすぐシーズンオフに入りますね。とはいえまだまだ最後のドラマを楽しめます!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック