【サッカー】2019アジアカップ開幕! 初戦は冷や冷やながらも勝利!

アジアカップ2019 グループF第1戦 日本 3-2 トルクメニスタン

4年ぶりのアジアカップ。前回大会は準々決勝で敗退してますからねー。代表戦の旅に「絶対に負けられない試合」とテレビで煽られてますが、アジアカップとW杯予選だけは文字通り結果を何が何でも出さなければいけない試合ですからね。日本は1992年の初優勝以来、7大会で4度の優勝と間違いなくアジア最強国。王座奪還が求められる大会ですね。
今回から24か国が参加してグループステージ2位までと3位の中から4か国が決勝トーナメントに進むという方式に変更。優勝まで7試合を戦うことになりますね。3位決定戦は廃止。

スタメンは、

GK 権田
DF 長友・吉田・槙野・酒井宏・富安
MF 原口・柴崎・南野・堂安
FW 大迫

前半。富安はボランチに入っての4-4-2で。内容的には基本的に日本が押してるもののトルクメニスタンのカウンターは鋭くて恐ろしい。
そして前半26分、左サイドから撃たれたロングシュートを決められ先制される! まあ敵ながら見事なスーパーゴールでした。
そのあとは勢いづいたのかたびたびトルクメニスタンに危ないシーンを作られる。身体能力の高さも感じますねー。前半は0-1で折り返し。ここからどう修正するか。

後半。メンバー交代はなし。ちょっと嫌な空気を感じ始めていましたが後半11分、ゴール前で原口のパスを受けた大迫が見事なゴールで同点!
勢いづいた日本は15分、吉田のロングパスを原口が頭で落として長友がクロス、大迫が無人のゴールに決めて2点目! 逆転!
後半26分、堂安が見事な振り向きざまシュートで3点目!
直後に南野に代えて北川。
しかし後半33分、トルクメニスタンの選手に一対一を作られてしまい権田が倒してPK献上、これを確実に決められて1点差に追い上げられる。
ちょっと危うい展開でしたが最後は何とか守り切って逃げ切り!

3-2という厳しい展開でしたけどまずはちゃんと勝利できたのは大きいですね。初戦はやはりいつも難しいものですから。ここからうまく調整していって決勝トーナメントへ向けてコンディションを上げて欲しいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック