【感想】大河ドラマ「西郷どん」 総集編

2018年12月30日に放送された総集編を視聴しました。

2018年大河ドラマ「西郷どん」の総集編を録画していたのですが年が明けて視聴しだしたら面白くて一気見してしまいましたよ。

第一章 薩摩
第二章 再生
第三章 革命
第四章 天命

全部で約5時間くらいあったんですけどね。総集編だけあってテンポよく進んで退屈しなかった。
主演の鈴木亮平は相変わらずというか肉体改造がすごいですねー。ごつい外見から終盤になるにつれてさらに恰幅が良くなっていってほんとに西郷隆盛そのものみたいな感じになってて。初めてこの人を見たのはドラマ「天皇の料理番」だったんですけどこちらは線の細い感じからさらに病気でどんどんやせ細っていった姿が印象に強烈に残ってます。そして外見だけでなくいい演技してたなあ。
鈴木亮平だけでなく黒木華とか良い役者がそろってましたし。息子の菊次郎をかつて「翔ぶが如く」で西郷隆盛を演じた西田敏行が担当するというのも驚かされました。島津斉彬には渡辺謙だったのでさすがの存在感でしたねー。そういや鹿児島出身の上白石萌音なんかも隆盛の弟の妻の役で出てましたね。

それと西郷が流された奄美大島も実際にロケをしてたんですねー。総集編では割と長いパートだったので風景の美しさとかも堪能できました。奄美大島だけでなくいろんなシーンでの映像の美しさもけっこう印象に残りましたよ。
あと戦争シーンはけっこう迫力ありましたねー。戦国物よりもやりやすいのかな。


今年の大河ドラマは東京オリンピックがテーマらしいですが、また総集編で年末にまとめて見るのもいいかも。


西郷どん 完全版 第壱集 Blu-ray
ポニーキャニオン
2018-07-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック