【感想】キャプテン翼 48話「王者・東邦!」

画像
激しさを増す前半戦。タイガーショットが猛威を振るう!

【感想】キャプテン翼 47話「宿命の対決ふたたび」
https://42986506.at.webry.info/201902/article_22.html

〇若島津にアクシデント、日向2点目!

同点で勢いづく南葛に対し、東邦は若島津が過去の古傷である左肩のけがをここにきて再発! 翼ほどではないにせよ東邦もけが人を抱えることに。圧倒的に有利だったはずの東邦にも不安要素が生まれたわけですね。
このピンチに対して奮い立つ日向たち。翼との勝負に競り勝った日向は2点目を取りに行く!
5人がかりでボールを奪いに来る南葛に対してまたもタイガーショット!

南葛のマークの波を蹴散らして圧倒的なパワーで2点目!
日向の数あるシュートシーンの中でもこのゴールが僕は一番好きなんですよねー。とにかく日向って男の全てを叩きつけてる感じで。
原作の絵もこの迫力ですからね。
画像


〇東邦追加点、3点目!

2-1となってもまるで油断してない日向は追加点を奪いに行く。小学生編でも予選ブロックや決勝でリードを奪っても追いつかれてますからね。特に決勝での後半終了直前に油断して若林にボールを奪われたのは痛恨だったはず。
負傷の影響で本来のプレイができない翼を圧倒した日向はタケシとのワンツー、ブロックに入る翼も吹き飛ばしてハットトリック達成! 3-1!

〇翼、反撃のドライブシュート!

圧倒的すぎる日向の東邦相手に心が折れる南葛。しかし翼の言葉で闘志を取り戻す。ここまで何度も苦しい試合を乗り越えてきたわけですからね。特に比良戸戦では3点のビハインドを跳ね返して勝利したわけですしあきらめるにはまだ早い。

そんな南葛をさらに突き放そうとする日向はまたもセンターサークルより前からタイガーショット、しかし正面に飛び込んだ翼がなんとこれをドライブシュートで撃ち返す!
若島津が一歩も動けないスーパーゴールが決まって3-2と1点差に!
ゴールネットを突き破って背後の壁を破壊してる威力はアニメだと原作よりもすさまじいことに。

のちのワールドユース編でこのカウンターシュートは中国の肖俊光が「反動蹴速迅砲」として自在に使いこなすわけですがその初登場は翼のこのプレイだったわけですね。
ところでなぜわざわざ翼が難易度の高いドライブシュートで撃ち返したかという疑問もわいてくるわけですが。普通のシュートでよさそうなものですしね。ただこれは翼の通常のシュートではドライブシュートほどの威力は出ないのかも。これも後に語られることですが日向は右足のパワーだけでシュートを撃つ肉体のバランスが悪いのに対して翼はすべてのバランスが整ってるそうなんですよね。つまり翼のは力で撃つというより理想的なフォームでボールにインパクトを与えているテクニックでのシュートということなのかも。こういうのはサッカーに限ったことではありませんよね。ボクシングとか野球でもそうでしょうし。だから翼にとって一番パワーをボールに伝えられるのはドライブシュートということなのでは。

〇緊急事態、翼がピッチの外に

けがなど構わず全力プレイで攻めていく翼。東邦の選手たちを次々と抜いて若島津と一対一に持ち込む寸前まで来たものの突然倒れこむ!
日向のタイガーショットを撃ち返して無傷というわけにはいかなかったんですね。前半終了間際ということもあり翼はそのまま医務室で治療を受けることに。そして南葛は翼抜きの10人で戦わなくてはいけなくなる!

翼のいない南葛相手に10点差をつけると言う日向。翼抜きで前半を守り切れるか南葛!

【感想】キャプテン翼 49話「灼熱の闘士 猛虎&翼」
https://42986506.at.webry.info/201903/article_11.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック