【感想】キャプテン翼 ライジングサン 11巻

若林の活躍で圧倒的に有利に戦う日本。しかし衝撃の緊急事態が発生!

【感想】キャプテン翼 ライジングサン 10巻
https://42986506.at.webry.info/201901/article_5.html

日向と若島津がゴール前で決定的チャンス。そこをタイガーボランがバックチャージで若島津を負傷させてしまい警告+PKに。ここはレッドでもおかしくないですしファウルしなければ確実に決められてたと思われるのでドイツにとってはラッキーですね。
後半25分、このPKを日向がど真ん中に蹴りこみミューラーが何とか出した足も弾き飛ばして日本が2-0に!
絶好調の若林から残り20分で2点も取らなくていけないというドイツにとっては絶望的な状況ですね。そして日向は今大会6点目。ワールドユース編では決勝トーナメントに入ってから三試合連続ノーゴールだったのでPKとはいえゴールを決めたのは大きいですね。これも日向の成長と言えるかも。

完全に追い詰められたドイツはカルツを中心に攻撃。この試合のカルツはほんとにすごいですね。翼でもなかなか止められない。そして守備的なシュミット兄弟に代わって入ったのはMFのハインとU-21欧州選手権でマーガスの代役として活躍したというゲーテ。
このゲーテが日本の最大の弱点として狙うのは石崎! 二度も連続でゲーテにあっさりと抜かれてしまうものの三杉のカバーで事なきを得る。無印からこれまで石崎を狙い撃ちしてきた相手って実はいなかったんですよね。石崎はこの大会すでに三得点に絡む活躍で攻撃面では文句なしなんですけど守備で試練の時を迎えたということか。これを乗り越えられないようだと今後出番はなくなるでしょうし石崎のファンとしてはここで成長してもらいたいところですが果たして。
それと日本は二人目の交代。負傷の若島津に代わって新田を投入。試合前に絶好調宣言していた新田は結果を残せるか。

とどめを刺しに来た日本を負傷のミューラーが何とか防ぐ。それに応えるために先ほどの失敗を挽回するために上がってきたタイガーボランがなんと雷獣シュート! しかもそれをとっさにシェスターが触ってコースをずらし意表を突くがそれでも触る若林! 
ポストに当たってゴールライン際を転がるボールに飛び込むシュナイダーと反転した若林が交錯、シュナイダーのスパイクが若林の背中を切り裂いてしまい飛び散る鮮血!
……この試合の若林はほんとに神がかってましたけどこれはとんでもない悲劇が起きてしまいましたね。即座に救急車で病院へと運び込まれる若林は輸血も必要なようでこの大会は当然無理でしょうし選手生命どころかほんとに命の危険もありますね。そして日本がこの大会ここまで強かったのは翼よりもむしろ若林の活躍が大きかったんですよね。アルゼンチン戦も若林がいなかったら果たして勝てていたかどうか。日本にとってはとてつもないピンチ、しかもこの試合は2ndGKである若島津が交代してしまっていて森崎が出場することに!

若林を病院送りにしたとはいえ故意とは判断されずにイエローどまりだったシュナイダー。まあレッドにされたとしても文句は言えないですけど正当なプレイ中のアクシデントなのでここは審判がフェアに判断してくれましたね。実際のサッカーの試合でも相手に重傷を負わせてもカードさえ出ないケースもありますからね。
しかしここまでプレイを熟知している若林だからこそ抑え込めていたシュナイダーが森崎に襲い掛かればどうなるか。

残り15分という状況でドイツが非情な攻撃を開始、シュナイダーの2ゴールであっという間にドイツが同点に!
これでシュナイダーは今大会4試合で12点以上。ブラジルのサリナスからもあっけなく4点決めたシュナイダー相手ではちょっと森崎も気の毒すぎますね。若島津が出てたとしても結果は変わらなかったかも。


状況はひっくり返り、圧倒的に追い詰められたのは日本のほうに! 果たして日本に勝機はあるのか!
キャプテン翼 ライジングサン 11 (ジャンプコミックス)
集英社
2019-06-04
高橋 陽一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック