【感想】キングダム ブルーレイ&DVDセット プレミアム・エディション #2

映像特典についての感想です。

前回はブックレットなどの封入物とアマゾン限定ボーナスディスクについての感想を書きました。

【感想】キングダム ブルーレイ&DVDセット プレミアム・エディション #1
https://42986506.at.webry.info/201911/article_2.html?1573109051

今回は2回目として映像特典についての感想を。

〇ビジュアルコメンタリー

本編を視聴しながら松橋プロデューサー・佐藤監督・山崎賢人・吉沢亮・橋本環奈の5名がトークをするというこのディスクの目玉。撮影したのは初日舞台挨拶を控えた午前中だったようです。まだどれくらいヒットするのかわからなかったころですね。実際、初動は良くても続かない映画は多いですし。しかし出演者たちの手ごたえというか熱はものすごかったですねー。本編に集中しすぎてコメントが止まることが何度も(笑)。まあそれを視聴してる僕も画面に半分以下で映ってる映像に意識が行ってしまいましたし。出演者3人とも、自分たちが演じたにもかかわらず作品の面白さにのめりこんでましたからねー。
みんなのお姉さん的な存在だった長澤まさみ、役の再現度や存在感がものすごかったという大沢たかおなどの話や中国だけでなく日本中のいろんな秘境で過酷な撮影をしたエピソードなど本編を見た後だとさらに楽しめました。
撮影でのエピソードや裏話も大量に聞けてほんとに退屈しないコメンタリーでしたね。最後の松橋プロデューサーの「続編でお会いしましょう!」という言葉が実現すると信じたい。ていうかこんだけヒットしたら作らないほうがおかしいと思いますけど。

〇舞台挨拶

完成披露試写会・ 初日舞台挨拶・大ヒット御礼舞台挨拶・ 超大ヒット御礼舞台挨拶・公開直前イベント試写会・ワールドプレミア レッドカーペットの6つのイベントがそれぞれ20~30分ずつ収録。いずれも生で見たことはないので見ることができたのはうれしかったですねー。
公開前の段階から約10日で14億突破、さらに50億目前というところまできての舞台挨拶までありましたがキャスト全員ほんとに最初から自信をもって作品を送り出せてるという手ごたえを感じさせられましたね。これがヒットしないわけないと。

〇メイキング&インタビュー

「中国ロケ編」「日本ロケ編」の2回に分けてそれぞれのロケ地でどのように映画が作られて行ったのかがわかるこれまた貴重な映像。映画だと普通にに見えてた背景がCGだったりで驚かされることもたくさんありましたねー。一方で、「こんな激しいシーンまでスタントもワイヤーも使わずやってるのか」という衝撃も。一歩間違えたら大けがしそうなアクションも体を張って山崎賢人たちが演じてるのがほんとにすごい。山崎賢人は本格的なアクション映画をやるのは初めてだと言ってましたがスタッフや対峙した役者がコメントしてたようにほんとセンスありますね。アクションスターとしてもっといろいろチャレンジしてほしいかも。

このほかには「映画「キングダム」を生み出したクリエイターたちの挑戦 Beyond the SCENE」という5分間の特番や各種予告やCMが収録されていました。あとは劇場のスクリーンでは4回見たけどテレビではまだ本編を視聴してないので休みの日あたりにじっくり鑑賞したいですね。

さて今後の展開ですけどアニメ3期も2020年4月にスタートするようですし実写の続編も当然動いてると信じたいですね。ただ今回の第1作は冒険活劇的な作品でいろんな美しい場所での映像を楽しめましたが次回からは戦争戦争になるわけで。これを映画としてどこまで面白くできるか、難易度はさらに高くなるでしょうねー。今回の主要キャラの多くは出番が少なくなることでもありますし。そういった部分を乗り越えて今回以上の作品をぜひとも作ってほしいですね。

今後の展開が本当に楽しみです!

キングダム ブルーレイ&DVDセット(通常版) [Blu-ray]
キングダム ブルーレイ&DVDセット(通常版) [Blu-ray]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント